ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 報道・プレスリリース > 第17回新型コロナウイルス対策本部会議での協議(令和2年4月1日発表)

本文

第17回新型コロナウイルス対策本部会議での協議(令和2年4月1日発表)

更新日:2020年4月1日更新 印刷ページ表示

本日、本市においての3例目となる新型コロナウイルス感染症患者の発生に伴い、午後5時30分から第17回新型コロナウイルス対策本部会議を開催しました。

1 感染の状況

詳細は別紙のとおり

奈良県発表 [PDFファイル/385KB]

奈良市発表 [PDFファイル/158KB]

患者の概要について

患者・職業

  • 患者:50歳代、男性、奈良市居住
  • 職業:大阪市内、会社員

症状・経緯等

3月19日
海外から直行便で関西国際空港へ帰国
リムジンバスを利用して帰宅

3月29日
倦怠感、悪寒あり

3月30日
発熱あり

3月31日
帰国者・接触者相談センターへ相談
保健所を介して帰国者・接触者外来受診し、行政検査実施
自宅療養

4月 1日
結果陽性判明し、県内感染症指定医療機関へ入院(軽症)
症状出現以降、医療機関以外に外出していない

対応

  • 感染源は現在調査中。
  • 濃厚接触者(同居家族2人)には、現在のところ症状はなし。
  • 自宅での外出自粛を要請している。

2 市民への啓発

  • 感染リスクを回避するための啓発チラシを作成し、市ホームページ・SNSでの周知や自治会等で配布予定。
  • 4月6日(月曜日)午後5時から防災行政無線の定期試験放送での啓発を実施。

3 医療提供体制の整備

  • 今後の流行拡大に備え、自宅に代わる施設として市有施設の活用や、市内宿泊施設の利用について検討。

4 学校の再開について

  • 本日、オンライン会議で市長・教育長から校長にメッセージを伝え、学校再開について意見交換を行った。また、政府の専門家会議の内容も考慮するとともに、4月2日(木曜日)には奈良市PTA連合会の意見を伺い、その内容も鑑みながら方針を決定予定。

報道資料

奈良市における新型コロナウイルス感染症への対応 [PDFファイル/795KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


ニュースリリース(分野別)