ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 報道・プレスリリース > 「世界糖尿病デー JR奈良駅旧駅舎(総合観光案内所)ブルーライトアップ」について(令和元年11月1日発表)

本文

「世界糖尿病デー JR奈良駅旧駅舎(総合観光案内所)ブルーライトアップ」について(令和元年11月1日発表)

更新日:2019年11月1日更新 印刷ページ表示

奈良市では、11月14日の「世界糖尿病デー」に伴い、令和元年11月13日(水曜日)~17日(日曜日)の日没後から、JR奈良駅旧駅舎(総合観光案内所)のブルーライトアップを実施します。

1 目的

拡大を続ける糖尿病の脅威を踏まえ、2006年に国際連合(国連)が、11月14日を「世界糖尿病デー」と定めました。
それに伴い、全国各地の名所がシンボルカラーのブルーにライトアップされます。

奈良市でも、市民の糖尿病に対する関心を高めることを目的として、奈良県糖尿病協会、奈良県糖尿病対策推進会議と共催でブルーライトアップを実施します。 

2 内容

JR奈良駅旧駅舎(奈良市総合観光案内所)をブルーライトアップ

3 日時

令和元年11月13日(水曜日)~17日(日曜日)
日没~22時

4 主催

奈良県糖尿病協会、奈良県糖尿病対策推進会議、奈良市と共催

5 その他

奈良県内では、他に金峯山寺(吉野町)でブルーライトアップが実施されます。

ダウンロード

問合せ先

健康医療部 健康増進課

Tel:0742-34-5129

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


ニュースリリース(分野別)