ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 報道・プレスリリース > 第61回「奈良市友好・姉妹都市物産フェア」の開催(令和元年11月11日発表)

本文

第61回「奈良市友好・姉妹都市物産フェア」の開催(令和元年11月11日発表)

更新日:2019年11月11日更新 印刷ページ表示

奈良市では、2019年11月23日(土曜日)、24日(日曜日)に、JR奈良駅東口駅前広場で奈良市とゆかりのある以下の全国5都市自慢の食品、特産品などの展示即売を行う『奈良市友好・姉妹都市物産フェア』を開催します。

2019年度 参加都市トピックス

  • 「太宰府市」…新元号「令和」ゆかりの地として、大きな注目を浴びる。
  • 「郡山市」…台風19号で大きな被害を受け、復興を進める。
  • 「宇佐市」…2019年7月に友好都市提携15周年を迎えた。
  • 「多賀城市」…2020年2月に友好都市提携10周年を迎える。
  • 「小浜市」…第1回物産展(1970年)から参加を継続し、来年度には物産展参加50周年を迎える。

1 目的

姉妹都市(小浜市・郡山市)や友好都市(太宰府市・宇佐市・多賀城市)の物産展示販売並びに観光紹介を通じて、ゆかりのある都市への市民の理解と認識を深め、奈良市と各市との更なる友好親善に寄与することを目的とする。

2 日時

2019年11月23日(土曜日)、24日(日曜日)
午前10時~午後4時

3 会場

JR奈良駅東口駅前広場
(奈良市三条本町 奈良市総合観光案内所前)

4 出展

姉妹都市

福井県小浜市・福島県郡山市

友好都市

福岡県太宰府市・大分県宇佐市・宮城県多賀城市

5 内容

(1) 各都市の特産品の販売(実演、試食販売有)
(2) 各都市の観光大使、マスコットキャラクター等による観光PR

6 歴史

昭和45年度に小浜市を招き、第1回物産展を開催、その後、同じく姉妹都市の郡山市、友好都市の太宰府市・宇佐市・多賀城市が参加し、合同物産展を開催。
※昭和52年度~62年度までは年2回、その他は年1回開催。今回が61回目。

7 実績

平成28年度(11月26日、27日) 来場者数 10,000人
平成29年度(11月25日、26日) 来場者数 11,600人
平成30年度(11月23日、24日) 来場者数 12,500人

※会場は全てJR奈良駅東口駅前広場

ダウンロード

問合せ先

観光経済部 産業政策課

Tel:0742-34-4741

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


ニュースリリース(分野別)