ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 報道・プレスリリース > 奈良市アートプロジェクト「古都祝奈良2019-2020」 「平田オリザさんによる演劇ワークショップ」(令和元年11月13日発表)

本文

奈良市アートプロジェクト「古都祝奈良2019-2020」 「平田オリザさんによる演劇ワークショップ」(令和元年11月13日発表)

更新日:2019年11月13日更新 印刷ページ表示

平成28年度に実施した「東アジア文化都市2016奈良市」を契機に始まった奈良市アートプロジェクト「古都祝奈良(ことほぐなら)」。
古都奈良の新たな価値の創造と文化の多様性を創造力へとつなげることをめざして、今年度も9月から各プログラムを展開しています。

11月は日本の現代演劇界で今もっとも注目されている劇作家・演出家の平田オリザさんを講師に迎え、「平田オリザさんによる演劇ワークショップ」を下記のとおり実施します。

トピックス

  • 身体表現、短い創作などを行い、初心者でも楽しく演劇の仕組みを学べます。
  • 他者とのイメージの共有やコミュニケーションのコツなど、普段の生活にも役立つヒントがいっぱい!毎回参加者満足度の高い、大好評のワークショップです。
  • 多数お申込みをいただき、抽選により、午前(中高生の部)43人、午後(一般の部)50人が参加します。

実施概要

1.日時

令和元年11月17日(日曜日)
(1)午前の部/中学生・高校生対象 10時~13時
(2)午後の部/18才以上の方対象  14時~17時

2.場所

奈良市ならまちセンター 多目的ホール

3.参加人数

午前(中高生の部) 43人(13歳~18歳)
午後(一般の部)  50人(18歳~90歳)
※申込受付終了

平田オリザ プロフィール

劇作家・演出家・「青年団」主宰。
こまばアゴラ劇場芸術総監督・城崎国際アートセンター芸術監督。
1962 年東京都生まれ。国際基督教大学教養学部卒業。
大阪大学COデザインセンター特任教授、東京藝術大学COI 研究推進機構特任教授、その他多数の機関で役職を務める。
主な著作に、『演劇入門』(講談社現代新書)、『芸術立国論』(集英社新書)、『わかりあえないことから コミュニケーション能力とは何か』(講談社現代新書)、『下り坂をそろそろと降る』(講談社現代新書)。
http://www.seinendan.org/<外部リンク>

[同日実施]対話型アートプログラム「グリーン・マウンテン・カレッジ」

 

同日18時~20時、引き続き平田オリザさんをゲストに迎え「グリーン・マウンテン・カレッジ」を実施します。
当カレッジ校長・小山田徹と「移住」について語り合います。

日時

11月17日(日曜日)18時~20時 

場所

ならまちセンター 芝生広場

内容

ゲストを迎えてテーマに沿ったお話とフリートーク。

ダウンロード

問合せ先

市民部 文化振興課

Tel:0742-34-4942

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


ニュースリリース(分野別)