ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 報道・プレスリリース > 【市長会見】水道料金の2か月分減免・3学期の給食費を無償化

本文

【市長会見】水道料金の2か月分減免・3学期の給食費を無償化

更新日:2022年11月15日更新 印刷ページ表示

​コロナ禍における物価高騰等の影響を受ける市民のみなさんへの支援
水道料金の2か月分減免・3学期の給食費を無償化

令和4年度一般会計補正予算(第6号)の11月市長専決に基づき、国の新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金(以下「臨時交付金」)を財源とした、2事業を実施します。現在、感染対策と経済活動の両立が進みつつあるものの、コロナ禍における原油価格・物価高騰が、市民のみなさんの生活に深刻な影響を与えています。奈良市では水道料金と給食費の支援を行い、市民のみなさんの経済的負担を軽減します。

水道料金の基本料金 2か月分減免

今回の水道料金の基本料金減免については、令和2年の新型コロナウイルス感染症の拡大以降、2回目の措置となります(今回は国の臨時交付金による)。

事業費

590,000千円(臨時交付金10/10)

対象者

市内の水道使用者(公共施設を除く)。家庭用、業務用とも対象

減免期間

2か月間
令和4年12月分と令和5年1月分(令和5年2・3月請求分)

一般家庭で1か月あたり20立方メートルを使用した場合(税込み)

 

減免前

減免後

減免額

口径13mm

2,728円

1,705円

△1,023円

口径20mm

3,509円

1,705円

△1,804円

口径25mm

4,290円

1,705円

△2,585円

その他

※水道料金は、口径によって定められた基本料金と使用料金に応じた従量料金の合計額です。このうち「基本料金」を2か月分減免するもので、水道料金の全額が無料になるわけではありません。この減免に伴う申込手続は必要ありません。

※毎月検針の方は令和5年1月分及び2月分の水道料金が対象です。

※下水道使用料等は今回の減免対象外です。

※検針時に投函(とうかん)される「水道ご使用量等のお知らせ」には、減免前の金額が記載されるため、実際の請求金額とは異なります。

本件に関する問合せ

お客様センター 電話番号0742-35-6825

公立小中学校給食費 3学期無償化

子育て世帯への支援として、3学期分(50日間)の給食費を約22,000人分無償化します。給食費無償化は、奈良市では初の実施となります。

事業費

300,080千円(臨時交付金10/10)

内訳 293,480千円(3学期分の給食費収入分)+6,600千円(システム改修費)

対象者

​合計22,306人分

  1. 市内公立小学校15,226人 
  2. 市内公立中学校7,080人

無償期間

3学期分(50日間)。

その他

小学校給食は1食246円、中学校給食は300円で試算

本件に関する問合せ

奈良市保健給食課 電話 0742-34-4830

報道資料

【リリース資料】水道料金の2か月分減免・3学期の給食費を無償化 [PDFファイル/455KB]

関連リンク

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)