ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

店舗販売業許可申請

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示
対象者 奈良市内で店舗販売業の許可を受けようとする者
根拠法令等

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律第24条
医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律施行規則第139条

提出書類

添付書類

  1. 店舗販売業許可申請書
  2. 店舗に関する図面(平面図、敷地内の建物の配置図、所在地略図)
  3. 法人の場合、登記事項証明書(履歴事項全部証明書)及び組織規定図(業務分掌表)
  4. 申請者の診断書(法人の場合業務を行う役員(店舗に直接携わらない役員については疎明書でも可))
  5. 次の事項を記載した書類
    • あわせて行うその他の業務の種類(高度管理医療機器・管理医療機器販売業等)
    • 販売・授与する医薬品の区分
    • 店舗管理者・薬剤師及び登録販売者一覧(氏名・住所・週当たり勤務時間数・免許登録番号・登録年月日)
  6. 使用関係を証する書類又は雇用契約書の写し
  7. 薬剤師免許証、販売従事登録証の原本提示又は原本証明した写し
  8. 登録販売者が過去5年間のうち80時間/月以上で2年以上の業務従事証明書又は実務従事証明書(要指導・一類販売店舗の場合は、要指導・一類販売店舗で3年以上)
  9. (平成26年度以前の登録販売者試験合格者は、平成32年3月31日まで業務従事証明書又は実務従事証明書の添付を省略可能。)
  10. 「薬局並びに店舗販売業及び配置販売業の業務を行う体制を定める省令」に基づく指針、手順書
  11. 勤務表
  12. 特定販売を行う場合は、特定販売を行う場合の書類

※書類の様式については、上記よりダウンロードするか、又は同様の内容が含まれているものとすること。

標準
処理日数

現地確認後 7日程度

提出部数

1部
手数料 29,000円
その他

許可審査基準及び指導基準に合致しない場合は、許可しませんので、許可審査基準及び指導基準を確認してください。

申請受付後、現地を確認します。現地確認後、問題がなければ、7日程度で医薬品店舗販売業許可証を発行します。発行時に許可証の郵送を希望される場合は、送料分の切手も併せて提出してください。

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)