ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 計画 > 計画 > 奈良市の計画 > 「奈良市耐震改修促進計画(平成28年3月改定)」

本文

「奈良市耐震改修促進計画(平成28年3月改定)」

更新日:2020年8月3日更新 印刷ページ表示

 本計画は、災害に強い、安全・安心なまちづくりの促進に向けて、日常最も滞在時間の長い住宅、不特定多数の人が利用する建築物及び防災拠点となる公共建築物等で、既存建築物のうち耐震化されていない建築物について、地震に対する安全性の向上を計画的に促進を図ることを目的として、「建築物の耐震改修の促進に関する法律」及び「建築物の耐震診断及び耐震改修の促進を図るための基本的な方針」に基づく「奈良市耐震改修促進計画」を平成20年3月に策定し、平成27年度までを実施期間としました。

 その後、平成23年3月に発生した東日本大震災などを背景に、建築物の地震に対する安全性の向上を一層促進するため、「建築物の耐震改修の促進に関する法律」及び「建築物の耐震診断及び耐震改修の促進を図るための基本的な方針」が平成25年に改正されたことから、本市においても、計画期間を平成32年度までとし、市内の住宅・建築物の耐震診断及び耐震改修をより一層促進するため「奈良市耐震改修促進計画」を改定するものです。

 また、本計画に基づいて、市有多数の者が利用する建築物及び避難所建築物の耐震化状況を所管課に確認し、集計しました。

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)