ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総合政策課 > 【募集終了】奈良市で活動する学生団体募集!~奈良市地域に飛び出す学生支援事業補助金~

本文

【募集終了】奈良市で活動する学生団体募集!~奈良市地域に飛び出す学生支援事業補助金~

更新日:2023年7月18日更新 印刷ページ表示

地域に飛び出す学生支援事業補助金のイメージイラスト

大学生等の学生が地域活性化や地域課題解決のために行う活動に対して、その活動費用を補助します。

令和5年度奈良市地域に飛び出す学生支援事業補助金募集要項 [PDFファイル/1.38MB]

申請受付状況

補助金の概要

補助対象団体

 学校教育法に規定する大学(大学院を含む)、短期大学、高等専門学校に在籍する学生(以下、「学生」とします。)が主体となって活動する団体で、次の要件のすべてに該当するものとします。

  • 2名以上で構成され、かつ、学生が構成員の過半数を占めていること。
  • 代表者は成年以上(令和5年4月1日における年齢が満18歳以上)で学生であること。

 ゼミ、サークル、大学等からの公認の有無等は問いません。既存の団体だけでなく、新たに組織する団体も対象です。

補助対象事業

 地域活性化や地域課題解決を目的に新たに取り組む活動で、令和5年度内に奈良市内または奈良市民を対象に活動するものとします。(既存の団体の場合は、既存の活動に新たな取り組みを加えていただき、その新たな活動に対して補助します。)

補助金額及び補助対象経費

補助金額

1団体につき上限20万円(補助率10/10)。

ただし、補助対象経費が20万円を下回る場合は、補助対象経費の額を補助金の額とします(1,000円未満切り捨て)。

補助対象経費

 補助対象事業の実施に要した経費

(対象外経費等の詳細は募集要項をご確認ください。)

募集期間

令和5年7月3日(月曜日)から令和5年8月18日(金曜日)まで
※予算の上限に達し次第、募集を終了します。

審査方法

申請書類を受領した順に、提出書類及び団体PR動画について、総合的に評価し、予算の範囲内で採択することとします。審査基準は、募集要項をご確認ください。

具体的な手続き

地域に飛び出す学生支援事業補助金 フロー図

フロー図

申請方法

下記の申請書類を、原則メールにて提出してください。

申請書類

  1. 補助金等交付申請書
  2. 事業計画書
  3. 収支予算書
  4. 団体概要書
  5. 団体会員名簿
  6. 団体PR動画(5分以内、500MB以内)※動画の送付方法は募集要項をご確認ください。

記入例を確認して記入してください。

申請書類の提出先

 奈良市総合政策課 学生のまち支援係

 gakuseinomachi@city.nara.lg.jp

実績報告・支払い

実績報告書類 

補助対象事業が完了した場合は、完了日から1か月以内に、以下の提出書類を原則メールにて提出してください。3、5、6は郵送か持参にて原本を提出してください。

  1. 補助事業等実績報告書
  2. 収支決算書
  3. 補助対象事業の実施に要した費用を証明するレシートや領収書等の原本
  4. 補助対象事業の活動状況が確認できる書類(写真、チラシ等)
  5. 相手方登録申請書(押印または自署が必要です。)+通帳の写し(口座名義や口座番号等の振込口座を確認できるページの写し)
  6. 委任状(相手方登録申請書で代表者個人名義の口座を指定した場合は、委任状を提出してください。)

記入例を確認して記入してください。

実績報告書類の提出先

奈良市総合政策課 学生のまち支援係

gakuseinomachi@city.nara.lg.jp

〒630-8580 奈良市二条大路南一丁目1-1 奈良市役所中央棟6階

支払い

補助金の支払いは、補助対象事業の完了後となります(精算払い)。「補助金等確定通知書」の受領後、速やかに補助金等交付請求書をご提出ください。

成果報告会

補助金の交付決定を受けた団体に、活動の成果等を発表していただく場として、成果報告会の開催を来年2月~3月頃に予定しています。

その他詳細・留意事項等

詳細は、令和5年度奈良市地域に飛び出す学生支援事業補助金募集要項及び奈良市地域に飛び出す学生支援事業補助金交付要綱 [PDFファイル/308KB]をご確認ください。

様式ダウンロード・記入例

Q&A

活動内容や申請書の書き方など、わからないことや相談したいことがある場合は、以下のお問い合わせフォーム等からお気軽にお問合せください。

※お問い合わせフォームでの受付は終了いたしました。

お問い合わせフォーム

いただいたご質問とその回答
質問 回答
申請してから、審査結果の通知までに要する時間はどのくらいか。 申請いただいてから、1週間以内に審査結果を通知します。ただし、申請が込み合った場合などは、それ以上のお時間をいただく場合があります。
活動の中で来場者から料金を徴収することは問題ないか。

問題ありません。
ただし、申請時に提出していただく「収支予算書」の「1.収入の部」において、「自己資金」または「その他収入」の科目に、おおよその来場者数を見積もり、来場者から徴収する料金について記載していただく必要があります。
支出の合計予算額は、収入の合計予算額(市補助金20万円上限+自己資金+その他収入)と一致させてください。
例えばですが、来場者料金収入が1万円で、支出合計予算額が20万円の場合、市補助金は19万円となります。

消耗品とはどのようなものですか。 消耗品費とは、1回または短期間の使用によって消費されるものであり、1つの価格が30,000円未満のものとなります。
30,000円以上のものや、その性質形状を変えることなく、比較的長期間にわたって使用に耐えるものは需用費に該当しないため、今回の補助対象外となります。
視察やセミナーに参加するために必要な交通費は対象になりますか。 補助対象事業の実施に要した直接的な費用とはならないため、補助対象経費にはなりません。

「奈良市学生プロジェクト支援制度」もご活用ください!

駅デジタルサイネージへの無償掲載や情報提供など、学生活動を広報面でサポートする学生団体を随時募集しています。
今回、地域に飛び出す学生支援事業補助金にご応募いただいた方も、ご応募いただけなかった方も、ぜひご活用ください。
 
【学生団体募集】学生の活動をデジタルサイネージでPR!奈良市学生プロジェクト支援制度

学生プロジェクト支援制度画像

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)