ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営 > > 環境政策 > 「第2次奈良市地球温暖化対策地域実行計画」実績報告について

本文

「第2次奈良市地球温暖化対策地域実行計画」実績報告について

更新日:2020年3月31日更新 印刷ページ表示

「第2次奈良市地球温暖化対策地域実行計画」の概要

「地球温暖化対策の推進に関する法律」第19条第2項及び第21条第3項の規定に基づき、奈良市域の温室効果ガス排出量の削減目標等を掲げた「奈良市地球温暖化対策地域実行計画」を2011年3月に策定し、2017年3月に改訂しました。

基準年度…2013年度

削減目標

  • 中期 2030年度までに基準年度比マイナス30%削減
  • 長期 2050年度までに基準年度比マイナス80%削減

将来推計グラフ

奈良市域の温室効果ガス排出量の推移

温室効果ガス排出量グラフ

 ※2005年4月1日、月ヶ瀬村・都祁村との合併により、市域が拡大しました。
 ※2011年3月11日に発生した東日本大震災後、原発の停止により電気の二酸化炭素排出係数が上昇したため、温室効果ガス排出量が急激に増加しています。

実績について

2019年度(2017年度実績)

温室効果ガス排出量 1,709千トン‐CO2 (基準年度比 マイナス13.4%)

2018年度(2016年度実績)

温室効果ガス排出量 1,911千トン‐CO2 (基準年度比 マイナス3.2%)

※エネルギー使用量の統計について、一部公表されなくなった項目があるため、推計方法を変更しています。

2017年度(2015年度実績)

温室効果ガス排出量 1,543千トン‐CO2 (基準年度比 マイナス14.0%)

関連情報

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)