ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

化学物質過敏症について

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

「化学物質過敏症」をご存知ですか?私たちのまわりにも症状を抱えた方がおられるかもしれません。化学物質過敏症についてご理解いただき、ご協力をお願いいたします。

化学物質過敏症とは

一度に大量の化学物質にさらされたり、低濃度の化学物質に繰り返しさらされると、化学物質過敏症を発症することがあります。いったん発症すると、その後はわずかな化学物質にも過敏に反応し、健康被害の症状が現れるようになると言われています。発症などのしくみについては未解明な部分があり、治療方法なども確立されていません。

症状

不安・不眠、うつ状態、疲れやすい、倦怠感、めまい、頭痛、目への刺激感、涙目・充血、視力障害、耳鳴り、ふらつき、口渇、咽頭痛、喘息、動悸・不整脈、皮膚炎、筋力低下、筋肉痛、関節炎、手足のふるえ、手足の冷え、下痢・便秘・悪心等

原因になる化学物質

香料、シャンプー、洗剤、柔軟剤、化粧品、農薬、除草剤、殺虫剤、排気ガス等

ご理解とご協力のお願い

身の回りで使われている化学物質に反応し、苦しんでいる方がおられます。そのような方がいることを理解し、公共の場など人が集まるところでは、香料などの使用に配慮しましょう。

関連リンク