ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

毛染めによる皮膚障害について

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

毛染めによる皮膚障害の発生が継続的に報告されていることから、消費者安全調査委員会にて調査が行われ、皮膚障害の重篤化を防ぐための取り組みについて調査報告書が提出されました。

理容師、美容師の方は、下記及び関連リンクの調査報告書をご覧のうえ、毛染めの施術をされる際にはご注意ください。

  1. 理容師及び美容師は、以下の参考に示した酸化染毛剤やアレルギーの特性、対応策等について確実に知識として身につけること。
  2. 理容師および美容師は、毛染めの施術に際して、次のことを行うこと。
  • コミュニケーションを通じて、酸化染毛剤やアレルギーの特性、対応策等について顧客への情報提供を行う。
  • 顧客が過去に毛染めで異常を感じた経験の有無や、施術当日の顧客の肌の健康状態等、酸化染毛剤の使用に適することを確認する。
  • 酸化染毛剤を用いた施術が適さない顧客に対しては、リスクを丁寧に説明するとともに、酸化染毛剤以外のヘアカラーリング剤(例えば染毛料等)を用いた施術等の代替案を提案すること等により、酸化染毛剤を使用しない。

参考

消費者安全調査委員会 平成27年10月23日公表資料
「消費者安全法第23条第1項の規定に基づく事故等原因調査報告書 毛染めによる皮膚障害」より抜粋

酸化染毛剤やアレルギーの特性

  • ヘアカラーリング剤の中では酸化染毛剤が最も広くしようされているが、主成分として酸化染料を含むため、染毛料等の他のカラーリング剤と比べてアレルギーを引き起こしやすい。
  • 治療に30日以上を要する症例が見られるなど、人によっては、アレルギー性接触皮膚炎が日常生活に支障を来たすほど重篤化することがある。
  • これまでに毛染めで異常を感じたことのない人であっても、継続的に毛染めを行ううちにアレルギー性接触皮膚炎になることがある。
  • アレルギーの場合、一旦症状が治まっても、再度使用すれば発症し、次第に症状が重くなり、全身症状を呈することもある。
  • 低年齢によりに酸化染毛剤で毛染めを行い、酸化染料との接触回数が増加すると、アレルギーになるリスクが高まる可能性があると考えられる。

対応策等

  • 消費者はセルフテストを実施する際、以下の点に留意すべき。
    テスト液を塗った直後から30分程度の間及び48時間後の観察が必要(アレルギー性接触皮膚炎の場合、翌日以降に反応が現れる可能性が高いため、48時間後の観察も必要)。絆創膏等で覆ってはならない(感作を促したり過度のアレルギー反応を引き起こしたりするおそれがあるため。)
  • 酸化染毛剤を使用して、かゆみ、赤み、痛み等の異常を感じた場合は、アレルギー性接触皮膚炎の可能性があるため、消費者は、アレルゲンと考えられる酸化染毛剤の使用をやめる、医療機関を受診する等の適切な対応をとるべき。

関連リンク

消費者庁 消費者安全調査委員 報告・調査<外部リンク>
 「消費者安全法第23条第1項の規定に基づく事故等原因調査報告書 毛染めによる皮膚障害」
 【概要】<外部リンク> (PDF1.5MB) ・ 【本文】<外部リンク>(PDF1.5MB)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)