ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 福祉・医療・保健・健康 > 衛生、保健予防 > 感染症予防 > 新型コロナ情報 > 「まん延防止等重点措置」適用の要望について

本文

「まん延防止等重点措置」適用の要望について

更新日:2021年7月30日更新 印刷ページ表示

8月2日から31日までの間、大阪府や首都圏に緊急事態宣言が発出され、兵庫県や京都府などにまん延防止等重点措置が適用されることになりました。これらの地域から本市への人の流入による感染拡大が懸念されます。

市内での新規陽性者数も、本日までの10日間で倍増し、ステージ3(感染急増段階)相当となっています。県内の医療提供体制を見ても、入院病床使用率や入院率などがステージ3(感染急増段階)相当になっており、夏休みやお盆を迎える中、デルタ株の増加による爆発的な感染拡大が懸念される深刻な状況になっています。

このような現状に鑑み、本市におきましては、一刻も早く実効性のある対策を打つための新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「まん延防止等重点措置」の適用について、令和3年7月30日(金曜日)、奈良県知事あてに別紙のとおり要望書を提出しました。

まん延防止等重点措置の適用に関する要望書 [PDFファイル/779KB]

関連リンク

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


イベントの中止や休館情報