ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 空き家対策

本文

空き家対策

更新日:2020年2月21日更新 印刷ページ表示

奈良市の空き家対策や空き家・町家バンクを紹介するページです

奈良市空き家・町家バンクホームページを開設しています。の画像<外部リンク>

奈良市の東部に広がる里山地域の空き家物件情報と、ならまちの町家物件情報を掲載した空き家情報サイトを開設しています。

詳しくは奈良市空き家・町家バンクホームページ<外部リンク>をご覧ください。


こんな方におすすめです!

  • 奈良市への移住を考えておられる方
  • 空き家・町家物件を売りたい、貸したい方
  • 空き家・町家物件を探しておられる方 など

空き家を適正に管理するために

●未来につなぐ相続登記

近年、相続登記がなされないまま放置され、適切な管理がされていない空き家が増加し、社会問題となっています。相続登記をしないことにより発生する問題を広く市民の方に理解いただき、相続登記の申請をお願いします。詳しくは法務省ホームページをご確認ください。

法務省ホームページ「未来につなぐ相続登記」<外部リンク>

●法務局の「自筆証書遺言書保管制度」

遺言とは、誰にどの財産をどれだけ相続させたいかを指定し、法的効力を持たせるものです。遺言がある場合には原則として自身の意思に従った財産の配分がされるので、相続をめぐる紛争を防止することができ、相続手続きをスムーズに行うことができます。遺言を活用することは、空き家を適正に管理するために有効です。遺言書には主に自筆証書遺言、公正証書遺言の2つの方法があり、令和2年7月10日から自筆証書遺言書を全国の法務局で保管する「自筆証書遺言書保管制度」が始まりました。遺言書の紛失や改ざんを防ぎ、自身の財産を家族に託す方法の1つとして活用ください。詳しくは奈良地方法務局ホームページをご確認ください。電話でのお問い合わせは0742-23-5456奈良地方法務局供託課にお願いします。

奈良地方法務局ホームページ「自筆証書遺言書保管制度について」<外部リンク>