ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 福祉・医療・保健・健康 > 医療費の助成、支援など > 障害者の医療 > 一般・後期高齢者精神障害者医療費助成事業
現在地 トップページ > 分類でさがす > 福祉・医療・保健・健康 > 障害者の福祉 > 障害者の医療 > 一般・後期高齢者精神障害者医療費助成事業

本文

一般・後期高齢者精神障害者医療費助成事業

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

  内容

 全診療科の入院・通院の保険診療分にかかる医療費の自己負担分のうち、一部負担金を除いた額を助成します。 

 

一般精神障害者医療費助成

(国民健康保険、社会保険等に加入されている75歳未満の方)

 

後期高齢者精神障害者医療費助成

(後期高齢者医療制度加入者)

 

一般精神障害者医療費助成

対象者

奈良市に住所を有する方で、次のいずれにも該当する方

  • 精神障害者保健福祉手帳1・2級をお持ちの方
  • 国民健康保険、社会保険等に加入されている75歳未満の方 
  • 生活保護を受給されていない方
  • 奈良市福祉医療制度【心身障害者医療費助成、ひとり親家庭等医療費助成、子ども医療費助成(小学生と中学生を除く)】を受給されていない方

※住所を入院先の病院・診療所にしている方は、対象外となる場合があります。

助成内容

 全診療科の入院及び通院(精神通院含む)の保険診療分が対象です。保険診療分にかかる医療費の自己負担分のうち、次の一部負担金を除いた額を助成します。
 精神障害者保健福祉手帳1級を所持している方は平成27年8月診療分から、2級を所持している方は平成29年1月診療分から対象です。

一部負担金

通院  1医療機関ごとに月500円
入院  1医療機関ごとに月1,000円(13日以下の入院のときは月500円)
調剤薬局  一部負担金はありません

※診断書作成料、差額ベッド代、予防接種など保険適用外の医療費や、入院時の食事代、生活療養費に係る標準負担額などは助成対象外です。 

※総合病院の場合は、医科と歯科ごとに一部負担金が発生します。

※窓口での支払いが1ヶ月で500円までの場合は、その額が一部負担金です。その場合、当該医療機関分についての助成額はありません。

受給資格の申請に必要なもの

 申請後1週間程度で、障害者医療費受給資格証(緑色)を交付します。(保険証、口座の変更の場合は新たに資格証は交付されません。)また、住所、氏名、健康保険証、口座に変更がありましたら、速やかに届け出てください。

助成方法

・【奈良県内】

の病院や診療所などの医療機関(訪問看護・調剤薬局含む)で受診した場合

 医療機関の窓口で「健康保険証」と「障害者医療費受給資格証」を提示し、保険診療にかかる自己負担分をお支払いください。一部負担金を除いた額が診療月の約2ヶ月後に指定された口座に自動的に振り込まれます。  

※自立支援医療(精神通院医療)の認定を受けておられる方は、指定医療機関で受診される際は、必ず「自立支援医療(精神通院医療)」及び「自己負担上限額管理票」も併せて提示してください。

※診療科がはり・きゅう、マッサージの場合は、県内の医療機関分であっても、領収書による申請が必要になります。

【奈良県外】

の病院や診療所などの医療機関(訪問看護・調剤薬局含む)で受診した場合

または

・受給資格証の提示をせず受診した場合

 保険診療にかかる自己負担分をお支払いのうえ、障がい福祉課に助成金の交付申請をしてください。

 【助成金交付申請に必要なもの】
  • 振り込み日は28日です。(土・日・祝日の場合は、前倒しになります)
  • 通帳には「ナラシイリヨウイツパン」と記載されます。

高額の医療費がかかるとき

 入院・外来の高額療養費については、「限度額適用認定証」を提示することで、窓口での支払いが自己負担限度額までになります。原則として、窓口で立て替え払いをする必要がなくなります。「限度額適用認定証」は、それぞれの医療保険者から発行されます。詳しくは、ご加入の医療保険者窓口にお問い合わせください。 

精神障害者保健福祉手帳の更新について

  • 「障害者医療費受給資格証」の有効期限は、精神障害者保健福祉手帳(1・2級)の有効期限までとなります。受給資格証は手帳1・2級の更新決定が出てから発行することになります。手帳の更新手続きは、有効期限の3ヶ月前からできますので、早めに手続きしてください。なお、更新手続き中で受給資格証がない間に支払われた医療費についても対象となる場合があります。その場合は、後から助成金交付の申請ができますので、医療機関等の領収書は大切に保管しておいてください。
  • 手帳の更新時に、等級が3級に変わったり、不承認になった場合には、本事業の対象にはなりません。ただし、自立支援医療(精神通院)の支給認定を受けている方は、自立支援医療受給者証(精神通院)に記載されている医療機関受診分については、精神通院精神障害者医療費助成(社保本人除く、所得制限あり)の対象となります。

詳しくは、障がい福祉課までお問い合わせください。


 

 後期高齢者精神障害者医療費助成

対象者

奈良市に住所を有する方で、次のいずれにも該当する方

  • 精神障害者保健福祉手帳1・2級をお持ちの方
  • 後期高齢者医療制度被保険者 
  • 生活保護を受給されていない方
  • 奈良市福祉医療制度(重度心身障害者老人等医療費助成)を受給されていない方

※住所を入院先の病院・診療所にしている方は、対象外となる場合があります。

助成内容

 全診療科の入院及び通院(精神通院含む)の保険診療分が対象です。保険診療分にかかる医療費の自己負担分のうち、次の一部負担金を除いた額を助成します。
 精神障害者保健福祉手帳1級を所持している方は平成27年8月診療分から、2級を所持している方は平成29年1月診療分から対象です。

一部負担金

通院  1医療機関ごとに月500円
入院  1医療機関ごとに月1,000円(13日以下の入院のときは月500円)
調剤薬局  一部負担金はありません

※診断書作成料、差額ベッド代、予防接種など保険適用外の医療費や、入院時の食事代、生活療養費に係る標準負担額などは助成対象外です。 

※総合病院の場合は、医科と歯科ごとに一部負担金が発生します。

※窓口での支払いが1ヶ月で500円までの場合は、その額が一部負担金です。その場合、当該医療機関分についての助成額はありません。

受給資格の申請に必要なもの

 申請後、決定通知書を送付します。(受給資格証はありません。)また、住所、氏名、健康保険証、口座に変更がありましたら、速やかに届け出てください。

助成方法

 医療機関(訪問看護・調剤薬局含む)を受診したとき、通常通り窓口で「後期高齢者医療被保険者証」を提示してください。保険診療にかかる自己負担分のうち、一部負担金を除いた額が診療月の約4ヶ月後に指定された口座に自動的に振り込まれます。  

※自立支援医療(精神通院医療)の認定を受けておられる方は、指定医療機関で受診される際は、必ず「自立支援医療(精神通院医療)」及び「自己負担上限額管理票」も併せて提示してください。

※高額療養費が後期高齢者医療広域連合から支払われる場合は、自己負担額から一部負担金及び高額療養費を除いた額が振り込まれます。

  • 振り込み日は18日です。(土・日・祝日の場合は、前倒しになります)
  • 通帳には「ナラシイリヨウコウキ」と記載されます。

精神障害者保健福祉手帳の更新について

 障害者医療費受給資格の有効期限は、精神障害者保健福祉手帳(1・2級)の有効期限までとなります。手帳の更新手続き中は、認定期間の更新ができません。手帳の更新手続きは、有効期限の3ヶ月前からできますので、早めに手続きしてください。なお、更新手続き中で受給資格証がない間に支払われた医療費についても対象となる場合があります。その場合は、後から助成金交付の申請ができますので、医療機関等の領収書は大切に保管しておいてください。

 

【助成金交付申請に必要なもの

 

 また、手帳の更新時に、等級が3級に変わったり、不承認になった場合には、本事業の対象にはなりません。ただし、自立支援医療(精神通院)の支給認定を受けている方は、自立支援医療受給者証(精神通院)に記載されている医療機関受診分については、精神通院精神障害者医療費助成(社保本人除く、所得制限あり)の対象となります。

 詳しくは、障がい福祉課までお問い合わせください。

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)