ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 福祉・医療・保健・健康 > 生活保護・生活支援 > くらしと仕事の支援 > 生理用品の購入にお困りの方への配布方法が変わりました

本文

生理用品の購入にお困りの方への配布方法が変わりました

更新日:2022年6月3日更新 印刷ページ表示

新型コロナウイルスの影響により、経済的困窮で生理用品を買えない「生理の貧困」が社会問題となっています。
この問題に対し、奈良市では生理用品(ナプキン)の購入が困難な方に、下記のとおり無償で配布いたします。

 

配布方法 ※令和4年度から変更になりました

令和3年6月から令和4年3月まで、本庁舎内の共生社会推進課、男女共同参画センター、各出張所及び行政センターの7ヵ所において配布を行っておりましたが、令和4年度は下記のとおり配布方法を変更いたします。

1.フードバンク事業(事前申込が必要です)

奈良市では、まだ食べられる食品の有効活用と食品ロスを削減するため、企業や個人から余剰食品を寄附していただき、新型コロナウイルス感染拡大によって社会的・経済的影響を受けやすいひとり親家庭や、子育てをしている生活困窮家庭に配布しています。

令和4年度において、学校の長期休みの時期(夏休み、冬休み、春休み)に行われるフードパントリーに事前申込された方に、食品の受け取りと一緒に希望者に対して生理用品を配布いたします。

※フードバンク事業についての詳細や、申込方法については「フードバンク事業」ホームページをご覧ください。

2.くらしとしごとサポートセンター

暮らしや仕事に困り、生活が困窮している方から相談を聞き、自立に向けての支援を行っています。
令和4年度において、くらしとしごとサポートセンターにおいて、生理用品を配布いたします。

※配布場所:くらしとしごとサポートセンター 

      市庁舎中央棟2階   フリーダイヤル0120-372-310

 

配布期間

令和4年7月~ ※なくなり次第終了

配布個数

お一人1回分

・昼用 20枚入り2パック
・夜用 9枚入り1パック

生理用品配布についてのお問合せ先

・共生社会推進課(電話 0742-34-4733)
・男女共同参画室(電話 0742-81-3100)