ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 届出・証明 > 死亡後の届け > 死亡届(お手続きについて)

本文

死亡届(お手続きについて)

更新日:2019年6月20日更新 印刷ページ表示

届け出る人

届出義務者(戸籍法第87条第1項)

  1. 同居の親族
  2. その他の同居者
  3. 家主、地主又は家屋若しくは土地の管理人

届出資格者(戸籍法第87条第2項)

  1. 同居していない親族
  2. 後見人
  3. 保佐人
  4. 補助人
  5. 任意後見人
  6. 任意後見受任者

 ※届出資格者2~6については、その資格を証明する登記事項証明書等の添付が必要です。

 ※届出義務者および届出資格者は、順序にかかわらず届出できます。

 

届ける場所

 亡くなられた方の本籍地または届出人の所在地(戸籍法第25条第1項)のほか、死亡地(戸籍法第88条第1項)で届出ができます。

届け出のときに必要なもの

  1. 死亡届書(医師の死亡診断書または死体検案書が必要です。)
  2. 印鑑
  3. 届出資格者(2~6)については、その資格を証明する登記事項証明書等の添付が必要です。

その他・注意すること

 埋火葬の許可と火葬場の使用は「埋火葬の許可のページ」を参照してください。

届出後の諸手続について

 奈良市民の方が亡くなられた場合の手続き方法は「ご遺族の方へ」 [PDFファイル/1.37MB]をダウンロードし、ご確認ください。
 また、おくやみコーナーでは死亡に伴う必要な手続きについてご案内するとともに、市役所の手続きで必要となる申請書作成のサポートなどをします。詳しくは、「おくやみコーナーのご案内(死亡に伴う各種手続きのご案内)」をご覧ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)