ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 小学校・中学校 > 学校給食 > 学校給食 > 学校給食における異物混入対策マニュアルについて

本文

学校給食における異物混入対策マニュアルについて

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

 学校給食は、児童及び生徒の心身の健全な発達に資するものであるとともに食に関する正しい知識を養う上で重要な役割を果たすものです。

 このため学校給食の実施にあたっては、安全に給食が提供できる体制づくりを行ってまいりました。

 今般、異物混入防止のさらなる徹底を図るため、食材の調達・検収から調理、配膳の各段階における注意事項を示し、調理従事者、栄養教諭・学校栄養職員はもとより教育委員会事務局職員、教職員、給食物資納入業者等、学校給食に関わる全ての人が連携して取り組むことができるよう、本マニュアルを定めました。

学校給食における異物混入対応マニュアル(平成29年3月)[PDFファイル/1.8MB]

ダウンロード

学校給食における異物混入対応マニュアル(平成29年3月)[PDFファイル/1.8MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)