ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営 > > 条例 > 奈良市アイドリング・ストップに関する条例

本文

奈良市アイドリング・ストップに関する条例

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

奈良市アイドリング・ストップに関する条例について

歴史的文化遺産及びその周辺等ではアイドリング・ストップを!

アイドリング・ストップを啓発する図自動車からの排気ガスは、地球温暖化や大気汚染、悪臭の原因となり、歴史的文化遺産や自然環境への影響が心配されています。
そこで、世界遺産周辺をアイドリング・ストップ促進重点区域に指定し、この区域内での駐車時の不必要なエンジンの稼働を停止することを定めた「奈良市アイドリング・ストップに関する条例」を平成12年4月から施行しました。

条例で定める「アイドリング・ストップ」とは?

 自動車を駐車したとき、不必要なエンジンの稼働を止めることです。(第2条第1項)

アイドリング・ストップ促進重点区域

次の区域を指定区域とします。

東大寺エリア 奈良県営高畑駐車場
興福寺エリア 若草山山頂駐車場
春日大社エリア 県庁来庁者用駐車場
春日山原始林エリア 奈良春日野国際フォーラム駐車場
元興寺エリア 元興寺駐車場
薬師寺エリア ならまち駐車場
唐招提寺エリア 薬師寺駐車場
平城宮跡エリア 唐招提寺駐車場
奈良県営大仏前駐車場 法華寺駐車場
奈良県文化会館地下駐車場 奈良ファミリー中央、北、第2北、南駐車場
奈良県営登大路自動車駐車場  

H29アイドリング・ストップ促進重点区域

違反者への罰則について

アイドリング・ストップ促進重点区域の中で、指定職員の停止命令に従わず、不必要なアイドリングを続けると、10万円以下の罰金に処せられます。(第9条)


環境
観光経済
議会
危機管理
健康医療
子育て・教育
消防
都市整備・建設
福祉
法務・総務