ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

療養費の支給

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

 つぎのような時は、医療費全額が自己負担になります。
 しかし、申請により審査を行い、保険で認められた部分について基準額の7割(または8割・9割)があとで支給されます。次の表の申請に必要なものをご持参のうえ市役所国保年金課および出張所行政センターへ申請してください。

こんなとき 申請に必要なもの
急病など、緊急その他やむを得ない理由で、医療機関に保険証を提出できなかったとき
  • 領収書
  • 診療報酬明細書(レセプト)
  • 保険証
  • 世帯主名義の銀行口座番号の控
コルセットなど、治療に必要な補装具を購入したとき(お医者さんが、治療上必要と認めた時)
  • 補装具を必要とした医師の意見書
  • 領収書
  • 保険証
  • 世帯主名義の銀行口座番号の控
  • 靴型装具の場合、装具の写真(平成30年4月1日より)
接骨院にかかったとき
(国保を取り扱う接骨院の場合は、保険証と印鑑を持参すれば一部負担金で施術が受けられます。)
  • 療養費明細書
  • 領収書
  • 保険証
  • 世帯主名義の銀行口座番号の控
医師の指示であんま・はり・きゅう・マッサージなどの施術を受けた場合
(国保を取り扱う施術院の場合は、医師の同意書と保険証・印鑑を持参すれば一部負担金で施術が受けられます。)
  • 医師の同意書
  • 療養費明細書
  • 領収書
  • 保険証
  • 世帯主名義の銀行口座番号の控
輸血のため生血の費用を負担した場合
(親族以外の第三者に限る)
  • 医師の理由書又は診断書
  • 輸血用血液領収書
  • 血液提供者の領収書
  • 保険証
  • 世帯主名義の銀行口座番号の控
海外療養費の支給
海外渡航中に病気やけがで治療を受けたとき
この保険給付には条件がありますので、渡航前に必ず国保年金課へ問い合わせてください。

※請求権は治療費を実際に支払った日の翌日から2年を経過したとき時効により消滅しますので、ご注意ください。
※世帯主名義の銀行口座がなく、現金窓口払いを希望される方は、申請の際に印鑑が必要です。

「接骨院・整骨院(柔道整復師)のかかり方」

接骨院・整骨院(柔道整復師)での施術には、保険医療の対象・対象外の場合がありますのでご注意願います。

健康保険が使えるもの

 「急性または亜急性(急性に準ずる)の外傷性の負傷」で、柔道整復師の施術を受けた時に限り、健康保険の給付対象となります。(業務上災害及び通勤災害の場合を除く)

  • ○外傷性(スポーツの時を含む)のねんざ、打撲、肉離れ
  • ○応急処置で行う骨折・不全骨折・脱臼の施術(応急手当後の施術には医師の同意が必要)
  • ○医師の同意がある場合の骨折・不全骨折・脱臼の施術

健康保険が使えないもの

 次の様な場合は、健康保険では受けられないので、全額自己負担になります。

  • ×日常生活における疲労、肩こり、体調不調など(疲労性・慢性的な要因のもの)
  • ×スポーツによる筋肉疲労・筋肉痛
  • ×病気(神経痛・リウマチ・五十肩・ヘルニア等)からくる痛みや凝り
  • ×脳疾患後遺症などの慢性病
  • ×慰安目的のマッサージ
  • ×仕事中や通勤途上に起きた負傷(労災保険からの給付)
  • ×症状の改善が見られない長期の施術(応急処置を除く)

接骨院・整骨院で健康保険を使うときに注意すること

負傷原因を正確に伝える

外傷性の負傷でない場合や、負傷原因が労働災害や通勤災害に該当する場合は、健康保険は使えません。また、交通事故に該当する場合はご連絡をお願いします。

必ず請求内容を確認してから、委任状欄に署名する

施術内容を確認した皆様の署名または捺印がある場合のみ、国民健康保険から療養費が接骨院・整骨院に支払われます。

  • 支払った金額と自己負担額が合っているか
  • 受診回数は合っているか
  • 負傷名・負傷原因は正しいか
  • 施術内容が合っているか
    を確認し、療養費支給申請書の「委任欄」に自分で署名または捺印してください。
    白紙で提出するのはやめてください。

領収書は、必ずもらう

医療費通知と内容を照合してください。領収書は、所得税の確定申告医療費控除で必要となる場合がありますので、大切に保管しておいてください。

施術が長期にわたる時は、医師の診察を受ける

症状改善が見られない長期の施術の場合、他の要因も考えられますので、病院等の診察を受けてください。

関連情報

療養費支給申請書


こんなときは届出を
国民健康保険料の計算方法について
特定健康診査・特定保健指導