ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

こんなときには届出を

更新日:2018年6月1日更新 印刷ページ表示

世帯主が14日以内に届出をしてください

国民健康保険に入るとき

こんなとき 届け出に必要なもの
他市区町村から転入してきたとき
(職場の健康保険等のない人)
印鑑、他市区町村の転出証明書
職場の健康保険をやめたとき 印鑑、職場の健康保険をやめた証明書
職場の健康保険の
被扶養者からはずれたとき
印鑑、職場の健康保険の被扶養者からはずれた証明書
生活保護を受けなくなったとき 印鑑、生活保護廃止決定通知書
子どもが生まれたとき 印鑑、保護者の国保の保険証

国民健康保険をやめるとき

こんなとき 届け出に必要なもの
他市区町村へ転出するとき 印鑑、転出する人全員の国保の保険証
職場の健康保険に加入したとき 職場の健康保険の保険証(未交付の場合は加入したことを証明する書類)、印鑑、該当者全員の国保の保険証
職場の健康保険の被扶養者になったとき
生活保護を受けることになったとき 印鑑、該当者全員の国保の保険証、生活保護開始決定通知書
死亡したとき

印鑑、国保の保険証

その他

こんなとき 届け出に必要なもの
住所、世帯主、氏名などが変わったとき 印鑑、該当者全員の国保の保険証
修学のため、子どもが他市区町村に住所を定め、保険証が必要なとき 印鑑、在学証明書、国保の保険証
保険証をなくしたり、汚れて使えなくなったとき(保険証の再発行) 印鑑、使えなくなった国保の保険証
  • 保険証の窓口交付には、本人確認できる書類(公的機関が発行する、運転免許証・パスポート等の顔写真のある証明書)の提示が必要です。
  • 40歳以上65歳未満の方で、身体障害者療護施設など厚生労働省令で定める特定の施設に入所されている方は、当分の間、介護分の保険料はかかりませんので、国保年金課までご連絡ください。
  • 国民健康保険の被保険者でない世帯主(擬制世帯主)は、所定の手続きをすると国民健康保険法上の世帯主の変更が認められる場合があります。

[届出先]
転入転出などの住民異動に伴う届出・・・市役所 市民課
住民異動の伴わない届出・・・市役所 国保年金課、出張所行政センターへ。

届け出が遅れると

  • 国保に加入しなければならないのに届け出が遅れると、保険証がないためにその間の医療費は全額自己負担となり、さらに保険料をさかのぼって(最長2年間)納めなければならなくなります。
  • 国保の資格がなくなったのに届け出が遅れると、うっかり国保の保険証を使って受診してしまうことがあります。このようなときは、国保で負担した医療費をあとで返していただくことになります。

こんなときは届出を
国民健康保険料の計算方法について
特定健康診査・特定保健指導