ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 産業・しごと・事業者向け > 開発・工事 > 奈良市の開発 > 近鉄学園前駅南地区第1種市街地再開発事業

本文

近鉄学園前駅南地区第1種市街地再開発事業

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

 近鉄学園前駅南地区の道路を付け替え、駅前広場を拡大し、円滑なる交通機能の整備を行うとともに、再開発ビル(学園施設・公益施設を導入)を整備することにより、学園前のイメージを大切にしつつ、21世紀に向けた教育・文化の拠点としています。

配置図

配置図の画像

施設建築物の概要

施設建築物の概要イメージ図
 導入される施設は、大きく2つのゾーンに分けられます。

土地利用の概要

土地利用

従前

従後

宅地面積

6,598平方メートル(62.4%)

4,650平方メートル(44.0%)

道路面積

1,918平方メートル(18.1%)

1,462平方メートル(13.8%)

駅前広場面積

2,056平方メートル(19.5%)

4,460平方メートル(42.2%)

合計

10,572平方メートル(100.0%)

10,572平方メートル(100.0%)

建築概要

敷地面積

4,650平方メートル

建ぺい率

75%

構造

SRC構造

規模

地下1階、地上9階

床利用面積

 

公共施設

9,745平方メートル

業務施設

1,470平方メートル

駐車台数 77台
建築面積 24,406平方メートル
容積率 469%
高さ 31m

学園施設

9,745平方メートル
駐車場 2,605平方メートル
その他 349平方メートル

事業名

近鉄学園前駅南地区第一種市街地再開発事業
(近鉄学園前駅南地区街並み・まちづくり総合支援事業)

事業期間

平成3年度~平成12年度

施工者

奈良市

施行地区

奈良市学園南三丁目地内

地区面積

約1.1ha

施行名称

近鉄学園前駅南地区再開発ビル(西部会館)

竣工

平成13年3月

オープン

平成13年7月