ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 奈良市の魅力 > 伝統工芸 > 伝統工芸 > 奈良伝統工芸後継者育成研修

本文

奈良伝統工芸後継者育成研修

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示
目的 伝統工芸の技術・技法を後世に伝える。
研修を受けることができる方
  • 研修開始時において満35歳未満の方
  • 研修を受けようとする科目の基礎技術の取得者
研修科目
  • 奈良一刀彫
  • 赤膚焼
  • 奈良漆器
  • その他市長が特に認める科目
研修期間

3年間(第5期生 平成30年10月1日から平成33年9月30日まで)

ただし1年おきに審査を行います。

研修内容
  • 奈良伝統工芸の工房主が行う週2回から3回程度の基本的な指導
  • なら工藝館において行う奈良伝統工芸の技術的な自己研修
  • なら工藝館で開催される各種工芸教室への参加
研修者の義務
  • 3ヶ月ごとに研修の成果を工房主に提示
  • 年1回以上、各種展覧会に出展し、入選を目指し、作品の制作に励む
  • 研修修了後において、なら工藝館の事業に協力する
  • 研修修了後、作品を1点奈良市に寄贈する
研修人員 3名まで
実績
  • 第1期研修者(平成18年10月から平成21年9月まで)
    前田 浩幸(一刀彫)
  • 第2期研修者<外部リンク>(平成21年10月から平成24年9月まで)
    池野 江津子(奈良漆器)
    中尾 将啓<外部リンク>(赤膚焼)
    守田 朋浩(一刀彫)
  • 第3期研修者<外部リンク>(平成24年10月から平成27年9月まで)
    池田 詩織(奈良漆器)
    篠崎 真理子(奈良漆器)
    石橋 康宏<外部リンク>(一刀彫)
  • 第4期研修者<外部リンク>(平成27年10月から平成30年9月まで)
    八尾 さつき(奈良漆器)
    新谷 仁美(奈良漆器)
    池田 匡志(奈良団扇)
  • 第5期研修者<外部リンク>(平成30年10月から令和3年9月まで)
    平井 和希<外部リンク>(奈良一刀彫)
    菅原 尚己(赤膚焼)
    大塩 まな(赤膚焼)
奨励金 月額10万円

募集期間

現在は募集していません。
お問い合わせ

なら工藝館 電話 0742-27-0033
(午前10時~午後6時)※月曜及び祝日の翌日休

研修生及び修了生は定期的になら工藝館での実演も行っています。日程はなら工藝館までお問い合わせください。

修了生の作品の一部はなら工藝館にて鑑賞及び購入できます。

研修生が出展するイベントの情報は産業政策課Twitter<外部リンク>でお知らせしています。


関連情報<外部リンク>

なら工藝館(こうげいかん)<外部リンク>

ダウンロード

このページのお問い合わせ先

なら工藝館
電話番号:0742-27-0033
Fax番号:0742-27-9922

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)