ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 学校給食 > 1月の給食紹介(奈良市の食育「食べることは、生きること」の日)

本文

1月の給食紹介(奈良市の食育「食べることは、生きること」の日)

更新日:2020年2月12日更新 印刷ページ表示

1月の給食紹介

「食育の日」

今年のテーマは野菜を食べよう 

小学校:A班16日・B班17日 中学校:D班16日・E班17日

小さいパン・牛乳・コーンしゅうまい・フライめんのあんかけ・奈良のみかんジャム

 奈良県産の食材は、パン(小麦粉の一部)・奈良のみかんジャム

 

配膳  (中学校給食より抜粋)シカマロ ロゴ

 

 玉ねぎ 筍 シイタケ    野菜

    たまねぎ        たけのこ       干ししいたけ     白菜・チンゲン菜・人参・土生姜

調理1 調理2 豚肉と沢山の野菜を炒め、うずら卵が加わります。

今月の野菜たっぷり献立はフライめんのあんかけです。

  小学校1人分の野菜の量 115g

  中学校1人分の野菜の量 163g

1日に必要な野菜の目安は大人350g (子ども300g)と言われています。

生活習慣病予防のために野菜の摂取量を増やそうと、奈良市第3次食育推進計画ではどの世代でも意識して野菜を食べようと呼びかけています。学校給食では令和元年度の食育の日に野菜が多く食べられる献立を実施しています。野菜は、ビタミンやミネラルが病気から体を守ったり、食物繊維の整腸作用、噛む力を促すなど体によい働きがたくさんあります。