ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 学校給食 > 2月の給食紹介(節分)

本文

2月の給食紹介(節分)

更新日:2020年2月12日更新 印刷ページ表示

2月の給食紹介

節分の行事食

小学校:A班・B班3日 中学校:D班・E班3日

麦茶ごはん・牛乳・いわしの梅煮・おひたし・じゃがいものみそ汁・福豆

奈良県産の食材は 米(奈良市産)・ 梅ペースト・青ねぎ

節分配膳     (中学校給食より抜粋)

節分とは「立春・立夏・立秋・立冬」 の前日のことをいいます。昔の暦では、春から新しい年が始まったので、立春の前日(2月3日)は大晦日にあたる大事な日でした。今では節分と言えばこの日をさすようになりました。季節の分かれ目に、様々な邪気(鬼)払いをすることから、「豆まき」がおこなわれます。一年間無病息災で過ごせるように、自分の年の数より一つ多く豆を食べます。

節分の行事食として、いわしを奈良県産の梅のペーストで煮込んだいわしの梅煮と福豆を実施します。

福豆 ほうれん草 梅ペースト いわし 

福豆             ほうれん草          梅ペースト          いわしの梅煮

ねぎ みそ汁 生徒2 生徒1

 青ねぎ           じゃがいものみそ汁      豆の数は年の数の2倍?でした