ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 保険・年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険 > ジェネリック医薬品を利用しましょう

本文

ジェネリック医薬品を利用しましょう

更新日:2018年8月15日更新 印刷ページ表示

ジェネリック医薬品とは?

 医療機関で処方される医薬品には、新薬(先発医薬品)とジェネリック医薬品(後発医薬品)の2種類があります。新薬は、最初に製造・販売される薬で、その開発には長い時間と膨大な費用がかかり、一定期間、特許に守られています。ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、新薬の特許が切れた後に販売される、新薬と同じ有効成分、同じ効能・効果をもつことを国が確認した医薬品です。

家計にやさしいジェネリック医薬品

 ジェネリック医薬品は効き目や安全性が新薬と同等でありながら、新薬よりも安価です。これは新薬がその有効成分の開発に多くの時間と費用を必要とするのに対し、ジェネリック医薬品は、開発済みの有効成分を用い、開発期間も経費も少なくて済むためです。
 ジェネリック医薬品を利用することで、皆さんが負担する薬代を安くすることができます。

保険財政にもやさしいジェネリック医薬品

 皆さんがジェネリック医薬品を利用すると、皆さんの薬代だけでなく、医療保険者が負担する薬代も安くなるので、増え続ける医療費を抑える効果が期待できます。

ジェネリック医薬品に切り替えるにはどうするの?

 医師、薬剤師にご相談ください。「ジェネリック医薬品希望シール」を見せれば、ジェネリック医薬品に変更の意思があることが簡単に伝わります。
 なお、国保年金課で「ジェネリック医薬品希望シール」を配布しています。

 (ご注意)
 すべての医薬品にジェネリック医薬品があるわけではありません。
 薬の形・色・味は、先発医薬品と異なる場合があります。
 処方せんの「ジェネリック医薬品への変更不可」欄に医師のサインがある場合、ジェネリック医薬品に切り替えることはできません。

ジェネリック医薬品の使用促進について

 奈良市の国民健康保険では、医療費の適正化の取組のひとつとして、ジェネリック医薬品の使用促進に取り組んでいます。保険証交付時に「ジェネリック医薬品希望シール」を配布しています。また、先発医薬品をジェネリック医薬品に切り替えた場合の差額通知書を作成し、効果が見込まれる被保険者へ送付しています。

関連リンク

厚生労働省HP 「後発医薬品(ジェネリック医薬品)の使用促進について」後発医薬品(ジェネリック医薬品)の使用促進について<外部リンク>


こんなときは届出を
国民健康保険料の計算方法について
特定健康診査・特定保健指導