ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 保険・年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険 > 失業により国民健康保険に加入された人の保険料軽減措置について

本文

失業により国民健康保険に加入された人の保険料軽減措置について

更新日:2014年1月10日更新 印刷ページ表示

失業により国民健康保険に加入された人の保険料軽減措置について

 平成22年度から、リストラなどの非自発的失業者が国民健康保険に加入した場合、申請により、保険料の計算の基礎になる前年分の給与所得を、離職日の翌日の属する月から、その月の属する年度の翌年度末までの間、30/100に軽減して計算します。
対象となる人<次の条件をすべて満たしている人>

  1. 離職時の年齢が満65歳未満(雇用保険の受給資格者)
  2. 離職時の理由が次のいずれか(雇用保険受給資格者証を提示していただきます。)
    (ア)特定受給資格者(理由コードが11・12・21・22・31・32)
    (イ)特定理由離職者(理由コードが23・33・34)

申請方法

 雇用保険受給資格者証・保険証・印鑑をお持ちの上、国保年金課へ申請してください。出張所・行政センター・連絡所等では受付できません。

注意

  1. 特定受給資格者、特定理由離職者に該当しない場合はいかなる理由でも対象となりません。
  2. 本制度に該当しない場合でも他の減免制度が適用されることがあります。

こんなときは届出を
国民健康保険料の計算方法について
特定健康診査・特定保健指導