ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 景観・風致・屋外広告物等 > 屋外広告物の管理と許可期間

本文

屋外広告物の管理と許可期間

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

管理者の設置が必要です

  • 広告物を表示し、またはこれを掲出する物件を設置する場合は、これらを管理する方が必要です。
    (はり紙、はり札、立看板を除く)
  • 工作物確認申請必要物件または面積が10m2を超えるものについては、安全性の配慮から、専門的な資格を有する管理者の設置が義務付けられています。
    (はり紙、はり札、立看板を除く)

屋外広告物有資格管理者の資格とは

  • 建築士法に規定する建築士
  • 電気事業法に規定する電気主任技術者
  • 電気工事士法に規定する電気工事士等
  • 国土交通大臣の登録を受けた法人が広告物の表示又はこれを掲出する物件の設置に関し必要な知識について行う試験に合格した者
  • 職業能力開発促進法に規定する職業訓練指導員免許所持者、技能検定合格者であって、広告美術仕上げに係るもの

管理者の資格の有無による許可期間

種類 管理者 許可期間
有資格者 無資格者
  • 屋上広告物
  • 壁面広告物
  • 塀垣広告物
  • 広告塔及び広告板(木造は除く)
  • アーチ広告物
  • 工作物確認申請必要物件
  • 面積が10m2を超えるもの

不可

3年以内

  • 上記以外のもの
  • 簡易なもの

 

3年以内

 

2年以内

  • 広告塔及び広告板(木造)
  • 電柱広告物(突き出し広告または巻きつけ広告)
  • 気球広告物
  • 広告幕(懸垂幕、横断幕、旗、のぼり等)
  • はり札

1年以内

立看板

2ヶ月以内

はり紙

1ヶ月以内