ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 環境・衛生 > 環境政策 > 環境政策 > 令和2年7月1日からレジ袋有料化がはじまります

本文

令和2年7月1日からレジ袋有料化がはじまります

更新日:2020年6月23日更新 印刷ページ表示

レジ袋有料化

令和2年7月1日からレジ袋有料化がはじまります

プラスチックは、非常に便利な素材です。成形しやすく、軽くて丈夫で密閉性も高いため、製品の軽量化や食品ロスの削減など、あらゆる分野で私たちの生活に貢献しています。一方で、廃棄物・資源制約、海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化などの課題もあります。私たちは、プラスチックの過剰な使用を抑制し、賢く利用していく必要があります。
このような状況を踏まえ、容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律(容器包装リサイクル法)に関する省令が改正され、2020年7月1日から全国で一律にプラスチック製買物袋の有料化がスタートします。

 

プラスチック製買物袋の有料化が2020年7月1日よりスタートします。(経済産業省)新しいウィンドウで開きます<外部リンク>

レジ袋有料化Q&A(経済産業省)新しいウィンドウで開きます<外部リンク>

対象となる買物袋

有料化の対象となるのは、購入した商品を持ち運ぶために用いる、持ち手のついたプラスチック製買物袋です。

 

ただし、環境性能が認められ、その旨の表示がある以下3点は対象外となります。

(1)プラスチックのフィルムの厚さが50マイクロメートル以上のもの

(2)海洋生分解性プラスチックの配合率が100%のもの

(3)バイオマス素材の配合率が25%以上のもの

レジ袋有料化に関する問い合わせ

消費者向け事業者向け

 

制度概要など詳細はこちら

(経済産業省のページ)

QRコード

 

バナー

 

 

 

 

 

 

 

皆さまのご意見をお聞かせください。

情報量は充分でしたか?
内容は分りやすかったですか?
情報をすぐに見つけられましたか?

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)