ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営 > > 環境政策 > 平成30年度冬季の節電の取組

本文

平成30年度冬季の節電の取組

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

 2018年度冬季の電力需給については、10年に1回程度の厳寒を想定しても、電力の安定供給に最低限必要とされる3%以上の予備率を確保できる見通しとなっています。この結果を受け、今冬についても国からは節電要請を行わず省エネルギーの取組を進めていくことが示されています。
 本市におきましても、東日本大震災以降の平成23年度から節電の取組を継続しており、8年目となる今冬については節電要請が見送られたことや職員の節電が定着してきたことから、今夏に引き続き節電目標を設けず節電に取り組みます。

奈良市では、以下のとおり、平成30年度冬季の節電に取り組みます。
取組へのご理解とご協力をお願いします。

1 実施期間

平成30年12月1日(土曜日)~平成31年3月31日(日曜日)の開庁日

2 市施設における節電項目

共通項目
照明

極力影響の少ない範囲で消灯や間引き
昼の休憩時間における事務室内全部消灯
時間外勤務時の不要な照明の消灯

暖房 ウォーム・ビズを活用し、暖房温度の19度設定
空調の運転時間短縮
給湯 給湯器の運転時間短縮
その他

エレベータの間引き運転、運転時間の短縮
OA機器の省エネ・待機電力削減
ノ-残業デーの徹底