ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 産業・しごと・事業者向け > 環境・ごみ(法人) > 廃棄物処理 > ごみ収集 > 産業廃棄物処理計画書/実施状況報告書

本文

産業廃棄物処理計画書/実施状況報告書

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

 廃棄物処理法では、産業廃棄物の発生抑制・減量化・リサイクルの推進を図るため、産業廃棄物・特別管理産業廃棄物を多量に排出する事業者に、自らが排出する産業廃棄物・特別管理産業廃棄物の処理に関する計画を都道府県知事(中核市にあっては市長)に提出することが義務づけられています。また、その計画にかかる実施状況の報告も提出することとなっています。
 奈良市では、「奈良市産業廃棄物処理計画作成指導要鋼[PDFファイル/85KB]」を策定し、本市の実情に応じて、対象事業者を拡大するとともに、対象事業者に対する処理計画書・実施状況報告書作成の指導、提出された処理計画の実施状況についての訪問調査等を実施しています。
 処理計画書の内容、提出先、提出時期、様式及び提出を義務付けられている事業者については以下のとおりです。

奈良市における「多量排出事業者」とは

1から4のいずれかに該当する事業者は、産業廃棄物処理計画書等の提出が必要な多量排出事業者となります。

  1. 前年度の産業廃棄物総排出量500トン以上の事業場を市内に有する事業者
  2. 建設業を営むもの(資本金4千万円以上のものに限る。)であって、市内で工事を行う事業者
    • いずれかに該当する事業者は6月30日までに「産業廃棄物処理計画書」を提出してください。
    • 翌年の4月1日から6月30日までの間に「産業廃棄物処理計画実施状況報告書」を提出して下さい。
  3. 前年度の特別管理産業廃棄物総発生量50トン以上の事業場を市内に有する事業者
  4. 医療法に定める病院(許可病床数が150床以上のものに限る。)を市内に有するもの
    • いずれかに該当する事業者は6月30日までに「特別管理産業廃棄物処理計画書」を提出してください。
    • 翌年の4月1日から6月30日までの間に「特別管理産業廃棄物処理計画実施状況報告書」を提出して下さい。

処理計画書について

 「多量排出事業者」は、以下の様式に必要事項を記入し、毎年6月30日までに処理計画を提出してください。

実施状況報告書について

 前年度に処理計画書を提出した事業者は、毎年6月30日までに、処理計画の実施状況を報告してください。

記入上の注意

 産業廃棄物処理計画書等は、記入例および以下の資料に沿って作成してください。

提出方法について

郵送または持参する場合

 本ページからダウンロードした様式に必要事項を記入し、以下のところまで郵送または持参してください。
 ※Fax、電子メールでの提出は受付けておりません。ご了承ください。

〒630-0801 奈良市左京五丁目2番地
奈良市 環境部 廃棄物対策課 産業廃棄物対策係

電子申請する場合

 本ページから様式をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、電子システム内でデータを添付して申請してください。

奈良電子自治体共同運営システム「e古都なら」の画像<外部リンク>
奈良電子自治体共同運営システム「e古都なら」<外部リンク>

 ※手続き名に「廃棄物」と入力して検索をしてください。
 ※添付して提出する届出書に押印は不要です。

公表について

 奈良市における多量排出事業者のうち、「産業廃棄物排出量が1000トン以上発生する事業場を奈良市内に有するもの」、「特別管理産業廃棄物排出量が50トン以上発生する事業場を奈良市内に有するもの」は環境省令に定めるところにより、奈良市ホームページ上で公表します。

公表ページはこちら

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)