ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

優良産廃処理業者認定制度について

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

概要

 「廃棄物の処理及び清掃に関する法律の一部を改正する法律」(平成22年法律第34号)が平成23年4月1日より施行されることに伴い、優良産廃処理業者認定制度が創設されることになりました。
 この制度は、産業廃棄物処理業の実施に関し優れた能力及び実績を有する者の基準(優良基準)に適合する産業廃棄物処理業者を都道府県知事・政令市長が認定し、認定を受けた産業廃棄物処理業者(優良認定業者)について、通常5年の産業廃棄物処理業の許可の有効期間を7年とする等の特例を付与するとともに、産業廃棄物の排出事業者が優良認定業者に産業廃棄物の処理を委託しやすい環境を整備することにより、産業廃棄物の処理の適正化を図ることを目的としています。
 なお、優良産業廃棄物処理業者認定制度が創設されることに伴い、現行の「産業廃棄物処理業者の優良性の判断に係る評価制度」は、平成23年4月1日をもって廃止されます。

お知らせ

 平成22年改正法の施行日(平成23年4月1日。以下同じ。)以降、早期に許可の更新を迎えたために優良確認及び優良認定を受けることができなかった業者を救済することを目的として、環境省より優良認定制度の運用に関する通知がありましたので、お知らせします。

措置の概要

  • 改正法施行日以降に一度だけ優良認定を伴わない許可更新を受けた産業廃棄物処理業者(特別管理産業廃棄物処理業者を含む。以下同じ。)が、当該許可の更新期限の到来を待たずして、優良認定を伴う許可の更新申請を行う場合、優良基準を満たせば優良認定を与えることとする。
  • 措置の対象となるのは、改正法施行日以降に一度だけ優良認定を伴わない許可更新を受けた産業廃棄物処理業者に限定する。

通知(外部リンク)

許可の更新期限を待たずして許可の更新を行う場合の優良認定の付与について(平成25年8月27日環廃産発第13082712号)<外部リンク>

評価基準

 優良基準は次の5つの基準となります。

 各基準の詳細については、環境省が作成した「優良産廃処理業者認定制度運用マニュアル(PDF)<外部リンク>」を参照してください。

申請方法

 産業廃棄物処理業(特別管理産業廃棄物処理業)の許可更新申請とあわせて優良認定申請を行うことができます。制度の詳細については、環境省が作成した「優良産廃処理業者認定制度運用マニュアル(PDF)<外部リンク>」を参照してください。
 なお、経過措置として平成23年4月1日時点で既に5年以上業許可を受けている者は、その許可を更新するまでの間、任意の時点で申請(優良確認)を行うことができます。優良確認は、「優良基準適合確認申請書(優良基準適合確認申請書[PDFファイル/56KB]),(優良基準適合確認申請書[Wordファイル/30KB])」をもって申請する必要があります。

優良産廃処理業者一覧

 奈良市において優良基準に適合した旨の認定(確認)を受けた事業者については下記一覧に記載しています。
 優良産廃処理業者一覧 [PDFファイル/389KB]

当該情報に関するリンク

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)