ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 福祉・医療・保健・健康 > 衛生、保健予防 > 感染症予防 > 新型コロナ情報 > 経済産業省からの「トイレットペーパーに係るメッセージ」(新型コロナウイルス関連)

本文

経済産業省からの「トイレットペーパーに係るメッセージ」(新型コロナウイルス関連)

更新日:2020年3月5日更新 印刷ページ表示

奈良市民の皆様へ

新型コロナウイルスに関連して国内のトイレットペーパー等の供給量が少なくなるという情報がSNS等で広がっています。
原材料調達にも問題なく、製品在庫も十分にありますので、本当に必要な分だけを普段通り購入していただきますようお願いします。

令和2年3月3日付 経済産業省からの「トイレットペーパー」に係るメッセージ

メッセージ内容

  1. トイレットペーパーは、ほぼ100%国内で生産されている。このうち、国内古紙から作られるものが60%、北米・南米から輸入するパルプで作られるものが40%となっており、原料の供給にも全く問題はない。
  2. 2月28日から日曜を除いて、一日あたり2000万ロールの輸送だったものを、2倍の4000万ロールに増強している。これは、一日で330万世帯に12ロール入り1パック(4人家族3週間分)のトイレットペーパーをお届けできる量。
  3. 在庫も日本全体では3億5000万ロールあり、日本国民全体で3週間分のトイレットペーパーに相当する量がメーカーにある。
  4. このような状態であるため、住民の皆さまには、通常どおり落ち着いてトイレットペーパーの購入をしてほしい。今日購入いただいた方は、明日、明後日、明明後日と少し購入を控えていただけば、自然といつもどおりの品揃えになる。

参考

経済産業省ホームページの該当ページへ<外部リンク>

 


イベントの中止や休館情報