ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

10月1日~高齢者インフルエンザ予防接種の助成

更新日:2022年12月1日更新 印刷ページ表示

高齢者の方へ
インフルエンザが流行する前に予防接種を受けましょう

高齢者インフルエンザ予防接種について、費用の一部を助成します。自己負担金1,700円で接種できます(県外を除く)。
県外医療機関で接種を受ける場合、​接種費用は全額自己負担になります。

高齢者インフルエンザ予防接種の助成

よくあるお問い合わせ

接種期間を教えてください。
助成の対象者を教えてください。
接種方法を教えてください。
助成を受けられる回数は何回ですか。
自己負担金はいくらですか。
市外(県内)医療機関で接種を受けるにはどうすれば良いですか。
窓口に来庁できない場合、市外(県内)医療機関で接種を受けるための手続きを郵送でできますか。​
県外医療機関で接種を受けるにはどうすれば良いですか。
窓口に来庁できない場合、県外医療機関で接種を受けるための手続きを郵送でできますか。

接種期間は令和4年10月1日(土曜日)から令和5年1月31日(火曜日)まで

  • 接種開始時期は各医療機関で異なります。医療機関にご確認ください。
  • ワクチンの在庫状況によって、令和5年1月31日までに受付を終了する可能性があります。
  • 予防接種を受けてから抵抗力がつくまで約2週間ほどかかります。
  • 予防接種の効果は約5か月間続くとされています。
  • インフルエンザはB類疾病のため、自らの意思で接種を希望する方が受ける予防接種です。
  • ワクチンにおける抗体保有率には個人差があるため、インフルエンザにかかる可能性はゼロではありません。

対象者

接種当日、奈良市に住民登録がある人で、以下の対象者1または対象者2に該当する人

 
対象者1 接種当日満65歳以上の人
対象者2

接種当日満60歳以上65歳未満で、心臓、腎臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活が極度に制限される程度の障害を有する人及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する人で接種を希望する人

※障害者手帳(内部障害1級相当)をお持ちでない方は、対象者に該当するか否かについての確認のため、医師の意見書(発行日から概ね3か月以内)が必要です。

接種を受けられない人

  • 接種前の体温が37.5℃以上の人
  • 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな人
  • インフルエンザ予防接種の接種液の成分によって、アナフィラキシー(接種後30分以内に起こるひどいアレルギー反応)を起こしたことがある人
  • インフルエンザ予防接種で、接種後2日以内に発熱のみられた者及び全身性発疹等のアレルギーを疑う症状のあった人
  • その他、医師が予防接種を行うことが不適当な状態にあると判断した場合

※医療機関でお渡しする予診票の1枚目の「高齢者インフルエンザ予防接種を受ける前に」をよく読んで、十分理解をした上で接種を受けてください。

接種方法

対象者1の人(接種当日満65歳以上の人)

奈良市内の医療機関で受ける場合

事前に市内登録医療機関 [PDFファイル/339KB]にご予約のうえ、接種を受けてください。
接種当日、健康保険証等本人確認ができる書類を持参してください。

奈良市外(県内)または県外の医療機関で受ける場合

接種前に申請が必要です。
​奈良市外(県内)の医療機関で受ける場合の申請方法は市外(県内)医療機関で接種を受ける場合をご参照ください。
​奈良県外の医療機関で受ける場合の申請方法は県外医療機関で接種を受ける場合をご参照ください。

対象者2の人(接種当日満60歳以上65歳未満で身体障害者手帳の内部障害1級相当の方が接種を希望する人)

接種前に申請が必要です。
申請に基づき、予診票等必要書類をお渡しします。
該当するか否かも含め、接種前に健康増進課(0742-34-5129)にお問い合わせください。

申請に必要なもの

  1. 健康保険証等本人確認ができる書類
    本人が申請に来られない場合は、本人と申請者の両方の本人確認ができる書類(原本またはコピー)が必要です。
  2. 障害者手帳(内部障害1級相当)又は医師の意見書(発行日から概ね3か月以内)※1
  3. 奈良市定期予防接種承認書(依頼書)交付申請書(B類) [PDFファイル/85KB]

※1.障害者手帳(内部障害1級相当)をお持ちでない方は、医師の意見書をもとに対象者に該当するか否かについて確認します。

申請場所

奈良市役所内にある健康増進課分室、出張所や行政センターでは手続きできません。

自己負担金

1,700円(市内や県内接種の場合のみ)

ただし、生活保護又は中国残留邦人等支援給付の受給世帯に属する人は無料
事前に福祉部保護課で『保護受給証明書』又は『中国残留邦人等支援給付に係る証明書』の交付を受けて、接種当日、医療機関に持参してください。
※証明書は発行日から3か月以内に限る。当課より保護課へ照会をかける場合があります。
接種後の手続きや返金はできません。

注意事項

  • 県外接種については、全額自己負担となります。
  • 登録医療機関以外で接種を受けた場合、任意接種(全額自己負担)となります。

接種回数

奈良市の公費助成で接種を受けることができる回数は1年度につき1回限りです。

市外(県内)医療機関で接種を受ける場合

入院及び入所中等やむを得ない事情により市外での接種を希望する人は、接種前に申請が必要です。
接種を希望する医療機関が登録医療機関である必要があります。登録状況については健康増進課(0742‐34‐5129)までお問い合わせください。

窓口での申請に必要なもの

  1. 健康保険証等本人確認ができる書類
    本人が申請に来られない場合は、本人と申請者の両方の本人確認ができる書類(原本またはコピー)が必要です。
  2. 自己負担金1,700円(おつりがないようご準備ください)
    ただし、生活保護又は中国残留邦人等支援給付の受給世帯に属する人は、福祉部保護課が交付する『保護受給証明書』又は『中国残留邦人等支援給付に係る証明書』を持参の場合、自己負担金は免除されます。
    ※証明書は発行日から3か月以内に限る。当課より保護課へ照会をかける場合があります。
  3. 奈良市定期予防接種承認書(依頼書)交付申請書(B類) [PDFファイル/85KB]

申請窓口

奈良市役所内にある健康増進課分室、出張所や行政センターでは手続きできません。

窓口に来庁できない場合は郵送で手続きをすることもできます

  • 手続き完了まで1週間から10日程度お時間がかかるため、接種日に間に合うように申請をしてください。
  • 書類に不備があった際、お手続きができませんので十分ご確認の上ご郵送ください。

申請前に事前確認してください

接種を希望する医療機関が登録医療機関である必要があります。事前に健康増進課(0742‐34‐5129)までお電話でお問い合わせください。

申請前の事前確認が取れましたら下記の書類を郵送してください

  1. 健康保険証等本人確認ができる書類のコピー
    本人以外が申請する場合は、本人と申請者の両方の本人確認ができる書類(コピー)を同封してください。
  2. 奈良市定期予防接種承認書(依頼書)交付申請書(B類) [PDFファイル/85KB]
    必ず申請書記入例 [PDFファイル/95KB]をご確認いただき、交付申請書を記入してください。申請内容に不備がある場合は再度の申請が必要になることがあります。
  3. 返信用封筒を同封してください。
    返信用封筒には94円切手を貼付の上、返信先の住所をご記入ください。
  4. 普通為替1,700円分(おつりが出ないようにしてください)
    普通為替は郵便局で購入できます。為替発行の手数料は申請者負担となります。
    生活保護又は中国残留邦人支援給付を受けている方は証明書を同封すると無料となります。
    ※証明書は発行日から3か月以内に限る。当課より保護課へ照会をかける場合があります。

提出先

630-8122
奈良市三条本町13番1号
奈良市保健所・教育総合センター
奈良市健康医療部健康増進課 管理係 宛

県外医療機関で接種を受ける場合

入院及び入所中等やむを得ない事情により県外での接種を希望する人は、接種前に申請が必要です。
接種費用は全額自己負担になります。

申請に基づき、奈良市から医療機関長宛に、予防接種により健康被害等の問題が生じた場合には奈良市が対応する旨を記載した依頼書を交付します。

窓口での申請に必要なもの​

  1. 健康保険証等本人確認ができる書類
    本人が申請に来られない場合は、本人と申請者の本人確認ができる書類(原本またはコピー)が必要です。
  2. 奈良市定期予防接種承認書(依頼書)交付申請書(B類) [PDFファイル/85KB]

希望する医療機関に予め接種の承諾を得たうえで申請にお越しください。
申請書には医療機関の所在地、接種医療機関名の記載が必要ですので、事前にご確認ください。

申請窓口

奈良市役所内にある健康増進課分室、都祁保健センター、出張所や行政センターでは手続きできません。

窓口に来庁できない場合は郵送で手続きをすることもできます​

  • 接種費用は全額自己負担になります。
  • 申請に基づき、奈良市から医療機関長宛に、予防接種により健康被害等の問題が生じた場合には奈良市が対応する旨を記載した依頼書を交付します。
  • 希望する医療機関に予め接種の承諾を得たうえで申請してください。
  • 申請書には医療機関の所在地、接種医療機関名の記載が必要ですので、事前にご確認ください。
  • 手続き完了まで1週間から10日程度お時間がかかるため、接種日に間に合うように申請をしてください。
  • 書類に不備があった際、お手続きができませんので十分ご確認の上ご郵送ください。

 申請に必要な下記の書類を郵送してください

  1. 健康保険証等本人確認ができる書類のコピー
    本人以外が申請する場合は、本人と申請者の両方の本人確認ができる書類(コピー)を同封してください。
  2. 奈良市定期予防接種承認書(依頼書)交付申請書(B類) [PDFファイル/85KB]
    必ず申請書記入例 [PDFファイル/95KB]をご確認いただき、交付申請書を記入してください。申請内容に不備がある場合は再度の申請が必要になることがあります。
  3. 返信用封筒を同封してください。
    返信用封筒には84円切手を貼付の上、返信先の住所をご記入ください。

提出先

630-8122
奈良市三条本町13番1号
奈良市保健所・教育総合センター
奈良市健康医療部健康増進課 管理係 宛

厚生労働省からのお知らせ

インフルエンザ(総合ページ) |厚生労働省 (mhlw.go.jp)<外部リンク>

季節性インフルエンザワクチンに関するお知らせ<外部リンク>

医療機関の方向け関係書類

『奈良県高齢者インフルエンザ予防接種相互乗り入れ』に基づき、奈良市民の市外(県内)接種に係る予防接種費用については、定期予防接種報告書及び接種料金請求書 [PDFファイル/57KB]にてご請求ください。

接種した月分をとりまとめて、翌月10日までに予診票を添付のうえ、ご提出ください。

【医療機関の方へ】請求には相手方登録が必要です

  • 事前に奈良市に登録している(=相手方登録)内容に基づき支払いを行いますので、代表者名・代表者印は相手方登録申請書(別ウィンドウを開きます)に記載・捺印した印と同一にしてください。
  • 相手方登録をしていない場合や登録しているかわからない場合、登録内容に変更がある場合は健康増進課までご連絡ください。相手方登録申請書の提出が必要です。

オープンデータ利用条件・注意事項

オープンデータ

  • 奈良市オープンデータカタログに掲載されているデータは、クリエイティブ・コモンズ表示2.1日本ライセンス<外部リンク><外部リンク>の下に提供されています。
  • 奈良市オープンデータカタログをご利用の際には、利用規約(ダウンロード欄をご覧ください。)に従っていただくようお願いします。また、データの利用をもって本規約の内容を承諾したものとみなします。本規約の内容は、必要に応じて予告なしに変更することがありますので、オープンデータのご利用に際しては、必ずこのページで本規約の最新の内容を確認してください。
  • 位置情報の緯度・経度は世界測地系(WGS1984)に準拠しています(一部を除く)。
  • GIS(地理情報システム)で利用できるシェープファイル形式(.shp等)については、圧縮してZIPファイル形式で公開しております。シェープファイル形式の閲覧・加工にあたっては、GISソフトを利用することで、地図上に表示・印刷・加工したり、表計算形式等の形式に変換することなどが可能です。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)