ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 奈良市の魅力 > 観光情報 > 観光情報 > 柳生街道(YAGYU KAIDO) 静寂 古道 体感
現在地 トップページ > 分類でさがす > 産業・しごと・事業者向け > 地域の活性化 > 奈良市東部の活性化 > 柳生街道(YAGYU KAIDO) 静寂 古道 体感

本文

柳生街道(YAGYU KAIDO) 静寂 古道 体感

更新日:2022年6月20日更新 印刷ページ表示

ガイドブックを片手に古道を歩いてみませんか?

柳生街道ガイドブック(日本語 [PDFファイル/6.89MB]English[PDFファイル/9.4MB]French[PDFファイル/8.4MB]各言語のリンクよりダウンロードください)

ガイドブックは、奈良市観光案内所や柳生観光協会、その他の公共施設にて配布しています。

yagyu1柳生街道は春日山と高円山の谷あいの道を通り、奈良市街地から柳生まで通じる古道です。
沿道に誓多林(せたりん)、忍辱山(にんにくせん)など、インドの聖地に見立てた仏教由来の地名が今でも残っていることから、
奈良・平安時代にはすでの山岳仏教の道場となっていたと考えられます。
そして今から約300年前、柳生新陰流が興されて以来、柳生の里には柳生街道を通り、「柳生の剣」を求める武士が行き交ったと言われています。
コースや場所によって様々な時代・風景・自然の表情を感じることができる柳生街道へ、ぜひ出かけてみましょう。

各コースの紹介

COURSE01 滝坂の道 Takisaka-no-michi Path

難易度★★ 移動距離 約12km(近鉄奈良駅から円成寺まで)
yagyu2

奈良市市街地からスタートした場合に、柳生街道の前半にあたるのが滝坂の道。不ぞろいの石を敷き詰めた石畳が続いていますが、これは柳生家が将軍家の兵法指南役となり大名となった頃に街道の行き来を良くしようと改修工事が行われた名残だと考えられています。
凛と澄んだ空気を感じ、川のせせらぎや木々のざわめきを聞きながら歩むことができるこの道は、いつ訪れても気持ちを清めてくれます。

COURSE02 剣豪の道 Kengo-no-michi Path

難易度★★★ 移動距離 約9km(円成寺から柳生バス停まで)
yagyu3

円成寺から剣聖の里柳生へ続くコースです。なつかしい雰囲気を感じる里の中を通り、急坂「かえりばさ峠」へと続きます。眼下一面に広がる田園風景が特におすすめのポイントです。春には草原のように広がり、秋には金色に輝く稲穂の様子は絶景です。円成寺周辺の紅葉も非常に美しく神秘的です。
四季を通して楽しめるコースです。

COURSE03 柳生・笠置の道 Yagyu-Kasagi-no-michi Path

難易度★ 移動距離 約6km(柳生バス停からJR笠置駅まで)
yagyu4

伝説の多く残る「十兵衛杉」や「阿対の石仏」を見学できる柳生のバス停から、笠置の歴史を感じることができるJR笠置駅へ向かうコースです。花崗岩で造られた巨石・奇石の数々が今なお特異な景観を残すこのコースは、自分のペースでじっくり楽しみたい方におすすめです。
※柳生街道のスタート地点へのアクセスや山歩きの際の注意点、持ち物、服装などはガイドマップをご参考ください。

ダウンロード

PR動画

【滝坂の道/剣豪の道】
製作 著作:公益社団法人奈良市観光協会/柳生観光協会
【布目川散策コース・銀の帯コース/史の道コース】
製作 著作:一般社団法人笠置町観光協会/柳生観光協会

日本語版

【柳生街道】滝坂の道(日本語ナレーション)


【柳生街道】剣豪の道(日本語ナレーション)


【柳生・笠置ハイキングコース】布目川散策コース・銀の帯コース(日本語ナレーション)


【歴史街道を歩く】史の道コース(日本語ナレーション)

中文版

【柳生街道】泷坂之路(旁白中文)


【柳生街道】剑豪之路(旁白中文)


【柳生・笠置徒步路线】布目川散步路线 · 银带路线(旁白中文)


【漫歩于历史的街道】历史之路路线(旁白中文)

English version

Yagyu Kaido Takisaka-no-michi path ~The Village of Master Swordsmen:Yagyu~


Yagyu Kaido Kengo-no-michi path ~The Village of Master Swordsmen:Yagyu~


[Yagyu - Kasagi] Nunome River Walking Course&Silver Belt Course


[Kasagi-Yagyu]Fumi-no-michi path Course ~A Path into History~

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)