ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民活動・文化・スポーツ > 人権を守る > 人権講座やイベント > 平和学習に朗読劇を上演してみませんか   ~ 平和朗読劇「今は春べと咲くやこの花」 ~

本文

平和学習に朗読劇を上演してみませんか   ~ 平和朗読劇「今は春べと咲くやこの花」 ~

更新日:2020年6月23日更新 印刷ページ表示

平和朗読劇「今は春べと咲くやこの花」DVD・台本等の提供について

 この朗読劇は、長崎での被爆体験をもとに創作されたもので、被爆70周年事業として戦争体験を次世代に伝えていくためのツールとして作成されました。DVDは、平成27年11月28日に長崎市で上演された模様を収録したものです。このDVDの貸し出しを行うとともに、上演に必要な台本等を提供します。(日本非核宣言自治体協議会事務局 長崎市より提供を受けました。)
 ぜひ、平和学習にご活用ください。
DVD画像

~あらすじ~

 長崎市内の国民学校の教師をしていた 橘 幸子(たちばな さちこ)は、昭和20年8月8日、原因不明の腹痛で学校を休む。その日の夕方、同僚で親友の 向井 志津(むかい しづ)と 浦川 糸(うらかわ いと)が、お見舞いがてら幸子の家に泊まりにやって来た。
 敬虔なカトリックで優しい性格、幸子の兄武雄(たけお)の許嫁でもある志津。当時としては珍しく戦争に反感をもち、はっきりとものいう性格の糸。しっかり者の幸子。
 その夜、戦時の灯火管制の下ではあったが、若い3人は時の過ぎるのも忘れて、さまざまな話に興じるのであった。
 翌9日の早朝、志津と糸は幸子を残して学校へと向かう。
 そして昭和20年8月9日11時2分。
 3人の運命を変える一発の原子爆弾が、長崎の上空に投下され、炸裂した・・・

 ※この物語は、被爆当時、爆心地から約700mの距離にあった山里国民学校の教師 山崎 壽子(やまざき としこ)さんの被爆体験記をもとに創作された(架空の)平和朗読劇です。

貸出し、提供について

貸出し、提供するセットの内容は次のとおりです。

〈貸出し〉
◆DVD(長崎での上演の収録画像 34分、朗読劇中の音楽(挿入歌・テーマ曲)を収録)

※DVDについては、ご返却ください。DVDの貸出しのみも可能です。

〈提供〉
◆台本
◆上演マニュアル、あらすじ
◆朗読劇中の音楽の楽譜

※紙ベースまたはPDFデータでの提供になります。台本等の提供のみも可能です。

※DVD、台本等ともに必要に応じて、複製・複写可能です。台本については脚色も可能です。


【 対 象 】奈良市在住の方、または奈良市内の学校園・企業・団体およびその他の組織

【申込方法】電話にてお申込みください。
      人権政策課 0742-34-4733