ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

風致地区

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示

 自然の緑を守り、付近の景観を重視し住みよいまちづくりを目的として、建築物・工作物の建設、土地の形質の変更、木竹の伐採などを規制する地区です。奈良市内には美しい景観を形成している環境が数多くありますが、このような場所で特に保全していこうとする地区を風致地区として指定しています。
 地区内で開発する場合には、自然の樹木や地形を活かしたものとし、建築物の外観については、日本瓦葺きの和風建築物を原則とし、また周辺には植栽等を施すことにより良好な風致景観を維持することに主眼を置いています。

風致地区の指定図については、「奈良市都市計画情報公開システム」にて確認いただけます。

奈良市都市計画情報公開システム<外部リンク>(別窓で表示されます)

風致地区の種別面積と地区別の指定趣旨

平成19年12月21日種別変更(単位:ヘクタール)

風致名称 第一種 第二種 第三種 第四種 第五種 指定の趣旨
春日山 1,329.0ヘクタール 1,056.9ヘクタール 368.4ヘクタール 23.3ヘクタール 24.2ヘクタール 2,801.8ヘクタール 奈良公園及び周辺の
風致景観保全のため
佐保山 138.4ヘクタール 71.7ヘクタール 264.6ヘクタール 0.4ヘクタール 13.7ヘクタール 488.8ヘクタール 御陵風致保全のため
平城山 302.6ヘクタール 62.2ヘクタール 195.8ヘクタール 15.4ヘクタール 576.0ヘクタール 史跡及び御陵風致
保全のため
西ノ京 39.0ヘクタール 35.1ヘクタール 125.6ヘクタール 0.8ヘクタール 200.5ヘクタール 社寺風致保全のため
あやめ池 13.8ヘクタール 324.9ヘクタール 74.5ヘクタール 413.2ヘクタール 良好な住宅地等の
風致保全のため
富雄 215.7ヘクタール 31.9ヘクタール 247.6ヘクタール 自然景観保全のため
1,809.0ヘクタール 1,455.4ヘクタール 1,311.2ヘクタール 24.5ヘクタール 127.8ヘクタール 4,727.9ヘクタール  

あやめ池風致地区(蛙股池)
あやめ池風致地区(蛙股池)の画像

春日山風致地区(青山住宅地)
春日山風致地区(青山住宅地)の画像

風致地区指定面積の変遷(単位:ヘクタール)

地区名 昭和12年5月5日
指定
昭和40年12月21日
変更
昭和45年6月14日
種別変更
昭和57年12月24日
種別変更
平成13年4月1日
種別変更
春日山 若草山 1,550.0ヘクタール 2,801.8ヘクタール 2,801.8ヘクタール 2,801.8ヘクタール 2,801.8ヘクタール
佐保山 450.0ヘクタール 488.8ヘクタール 488.8ヘクタール 488.8ヘクタール 488.8ヘクタール
平城山 山陵 100.0
都跡 175.0ヘクタール
573.5ヘクタール 573.5ヘクタール 576.0ヘクタール 576.0ヘクタール
西ノ京 80.0ヘクタール 200.5ヘクタール 200.5ヘクタール 200.5ヘクタール 200.5ヘクタール
あやめ池 535.0ヘクタール 413.2ヘクタール 413.2ヘクタール 413.2ヘクタール 413.2ヘクタール
富雄 247.6ヘクタール 247.6ヘクタール 247.6ヘクタール 247.6ヘクタール
合計 2,890.0ヘクタール 4,725.4ヘクタール 4,725.4ヘクタール 4,727.9ヘクタール 4,727.9ヘクタール

風致地区内における自動販売機の設置例

 風致地区内に設置される自動販売機については、色彩基準(濃茶)が設けられています。
 次に紹介する自動販売機は、実際に設置された一例です。
 風致地区内で自動販売機等を設置する場合は、事前に許可申請等が必要です。

若草山山麓周辺

若草山周辺設置例

猿沢池周辺

猿沢池周辺の画像1

猿沢池周辺の画像2

奈良公園周辺

奈良公園周辺の画像1

奈良公園周辺の画像2

奈良公園周辺の画像3

薬師寺周辺

薬師寺周辺の画像