ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

小児肺炎球菌感染症予防接種

2020年4月1日更新 印刷ページ表示

小児肺炎球菌感染症について

肺炎球菌は細菌による子どもの感染症の二大原因のひとつです。この菌は子どもの多くが鼻の奥に保菌していて、ときに細菌性髄膜炎、菌血症、肺炎、副鼻腔炎、中耳炎といった病気を起こします。

対象者

接種当日、奈良市に住民登録がある者で、生後2か月から5歳に至るまで(5歳の誕生日の前日まで)

接種開始年齢が生後2か月~7か月に至るまでの者

 
接種回数 接種間隔 注意事項
初回3回 標準的には生後12か月までに27日以上の間隔をおいて2回目・3回目を接種 ただし、初回2回目及び3回目の接種は生後24か月までに行うこととし、それを超えた場合は行わないこと。(追加接種は実施可能)
また、初回2回目の接種が生後12か月を超えた場合、初回3回目の接種は行わないこと。(追加接種は実施可能)
追加1回 標準的には生後12か月から15か月以降に、初回接種終了後60日以上の間隔をおいて生後12か月に至った日以降に1回

 

接種開始年齢が生後7か月~1歳の誕生日の前日までの者

 
接種回数 接種間隔 注意事項
初回2回 標準的には生後12か月までに27日以上の間隔をおいて2回目を接種 ただし、初回2回目の接種は生後24か月までに行うこととし、それを超えた場合は行わないこと。(追加接種は可能)
追加1回 初回接種終了後60日以上の間隔をおいて生後12か月に至った日以降に1回

接種開始年齢が1歳~2歳の誕生日の前日までの者

 60日以上の間隔をおいて2回目を行う。

接種開始年齢が2歳~5歳の誕生日の前日までの者

 1回接種で終了

接種費用

無料
対象年齢を過ぎると任意接種(全額自己負担)となります。

接種方法

個別接種(市内登録医療機関に予約の上、接種を受けてください)

  • 市内登録医療機関は、子どもの予防接種についてのページをご覧ください。
  • 「予防接種と子どもの健康」をよく読んで、予防接種の意義を理解したうえで、接種を受けてください。

接種実施期間

通年

持ち物

  1. 母子健康手帳
  2. 健康保険証等本人確認ができる書類
  3. 予防接種予診票綴り