ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 子育て > こども園 > 青和こども園 > みかんぐみの子どもたちのようす

本文

みかんぐみの子どもたちのようす

2022年5月17日更新 印刷ページ表示

7月15日 どこを掃除しようかな?
もうすぐ1学期がおわるので、みんなでみかんぐみの部屋を大掃除しました。床のテープを剥がしたり、使っていたおもちゃをいつも以上にきれいに整理したりしました。

次は拭き掃除です。保育者がみんなの前で水に濡らした雑巾から水が大量にしたたっているのを見せ「このまま拭いたらいいのかな?」と聞いてみると、子ども達は少し考えて「びしょびしょ」「お部屋が濡れちゃう」と答えてくれました。「どうしよう」とみんなで考えると一人の子が「ギューってしたらいいんちゃう?」と絞ることに気が付きました。さあ、みんなで順番に、一人一枚雑巾を持って保育者と一緒に雑巾を濡らして絞ることにもチャレンジしました。

雑巾しぼり 雑巾しぼり

 

絞った雑巾で、まずは椅子と床を拭きました。

イスを拭く 床を拭く


一生懸命床を拭いている子が「床に絵の具がちょっとあった」と教えてくれました。「他に絵の具がついてそうなところはあるかな」と聞くと「おえかきのときに使うやつ(画板)は?」ということで、そのまま画板も拭き掃除をしました。

画板を拭く 画板拭き

大掃除であっても、保育者が「今からここを拭くよ」と一方的に決めると、子ども達は”先生に言われたからする”になってしまします。3歳児なりに、少しずつ「自分で考え、行動する力」芽生えてきている子ども達。その大事な芽をこれからも伸ばしていけるように、2学期も、子ども達との対話を大切にしながら、子ども達の思いを聞いたりくみ取ったりしながら保育をすすめていきたいと思いました。

 

7月11日~12日 パーティーしてるよ♪
楽しそうな雰囲気に誘われて、友達がどんどん集まってきました。一緒にいるのが楽しくなってきた子ども達。友達と一緒に座っていることが嬉しく、誰かが「いただきまぁす」と言うとそれを聞いていた友達も「いただきまぁす」と言ったり、誰かが「お茶ください」くださいと言うとそれを聞いていた友達がやかんで水をそそぐなど、友達の様子を見たり声を聞いたりする姿が見られるようになってきました。

パーティー パーティー

パーティー

パーティー パーティー

7月7日~12日 車がビュンビュン
乗り物が好きな子も多く、積み木やダンボールを使って道路をつくり、そこに小さな車や飛行機などを走らせたり、坂道にしたところをすべらせることを楽しんでいます。以前は保育者と一緒に遊ぶという感じでしたが、友達と顔を見合わせて笑い合う姿が見られるようになってきました。

くるま くるま

 

7月8日 あわあわ〜
砂・水・泥で思い切り遊んでいた子どもたち、最近は泡遊びにも夢中です。あらかじめ作っておいた泡に手を入れて「ふわふわー」「もこもこしてる」と感触を味わったり、「混ぜたら泡だらけになってきた!」と気づいたりする様子がみられます。2学期も引き続き、じっくり時間をかけて泡遊びを楽しみ、不思議や発見に出会ってほしいと思っています。
あわあそび


7月6日 ミニひまわりの絵をかきました
育てているミニひまわりがどんどん大きくなってきました。「お花咲いたよ。」と知らせてくれます。種からお世話をして育て花が咲いた喜びを初めて味わった子も多く、感動が大きいようです。そこで、ひまわりの絵をかきました。黄色の絵の具で花びらをかき、画用紙を切っておいた葉っぱや茎をのりで貼りました。絵の具やのりも、水や泥遊びなどの感触遊びの延長で楽しんでいる子どもたちでした。
ひまわり ひまわり


7月4日 靴がそろえられるようになってきました
3歳児クラスでは生活習慣を身につけることも大事にしています。挨拶や返事、衣服の着脱やたたむこと等を頑張っています。脱いだ靴をそろえることも、毎日くり返す中でだんだん見についてきたことの1つです。トイレ前の上靴が、こんなにそろえられるようになりました。

靴

↓下は5月のときの写真です↓

靴

毎日の繰り返しで身に付いてきたことを嬉しく思っています。


7月1日 お部屋も楽しいな
大きな積み木の扱い方が少しずつわかってきた子どもたち。大きな家をつくったり、ごちそうを食べる場所にしたり、偶然できた形から車やバスに見立てたりと、それぞれの楽しみ方で遊んでいます。

部屋遊び へやあそび

へやあそび
5月の遠足ごっこのあとにはじまったピクニックごっこがずっと続いています。同じ場所で遊んでいますが、まだまだ一緒に遊ぶのはこれからで、今は、ピクニックシートという同じ場所でごちそうを食べることが嬉しいようで、自分のごちそうに夢中です。その中で時々「〇〇ちゃんとおにぎり同じ」「先生見て」と、友達と同じものを持っていることを喜んだり顔を見合わせて笑いあう姿も見られるようになってきました。
へやあそび へやあそび


6月28日〜29日 水遊び大好き!
カップやペットボトル、網などで水をすくったり、ジャーっと流したりしています。また、ホースに穴をあけて作ったミスとシャワーをテントに付けておくと、「きもちいい」「ずっと雨がでてる!」と大喜びでした。
水の気持ちよさや楽しさを味わい、開放感がいっぱいのみかん組の子ども達です。
水遊び 水遊び

水遊び 水遊び

 

6月24日 どこにいるのかな・・・?
虫探しが大好きで「ダンゴムシいてるかな」「バッタは草のところにいてるねん」「前はカエルもいてたよ」などと話しながら、木や草のところを一生懸命探しています。見つけた虫を「先生、ダンゴムシいてた」と嬉しそうに保育者や友達に見せ合っています。

虫さがし 虫さがし

虫さがし

6月21日 みんなで乗ると楽しいな
ひとりの子が、保育者と一緒にウレタン積み木で飛行機をつくり始めました。すると別の友達もやってきて、顔を見合わせて一緒に乗り始めました。楽しそうな雰囲気に誘われて、「○○も乗るー!」「これなぁに?」「いーれーてー」と、友達がどんどん増えてきて、飛行機もどんどん長くなっていきました。飛行機に乗る子や、飛行機に乗っている友達に「おーい!」と手を振っている子、それぞれの楽しみ方で、友達と一緒にいることを喜んでいました。

飛行機 飛行機

6月16日 水と混ぜると・・・
小さなジョーロがお気に入りの子ども達。砂場や園庭の土に水をかけたり、みんなで育てている栽培物に水やりをしたり、水が入ったタライの中に水をかけたりしていろいろな楽しみ方をしています。園庭に水をかけるとドロドロになることに気がつき、泥の感触を味わっていましたが、今日は、目の粗いザルの中に砂を入れて、そこに水をかける子がいました。「水がなくなる」と大発見したあと、もうひとつ大発見が!細かい砂が濾過されて、小さな石だけが残ったのです。「石がいっぱいになった」「なんかかたくなった」「なんでかなぁ」「水はどこに行ったんだろう」と発見や不思議の連続でした。毎日、水、砂、泥で思い切り遊ぶ中での大発見!!大人は当たり前に思うことも、子どもたちにとっては、新たな出会いや経験です。こんな経験をたくさんしていけるようにしたいと思っています。

発見 発見

6月15日 おいしいジュースになぁれ
ミキサーの形の画用紙に、いろいろな味に見立てたクレパスをグルグルと走らせ、ジュースをつくりました。「ブドウジュースにする」「私はミックスジュース」「イチゴとミカンとモモも入れたよ」などと言い、思い思いにイメージしてのびのびとかきました。

ミキサー ミキサー

ミキサー ミキサー

6月13~14日 水っておもしろい
好きな遊びの時間に、大きなタライの中の水を大きなスコップでかき混ぜて遊んでいた子どもたち。手足に直接かかる時の冷たくて気持ちいい水の感触とはまた違い、スコップを通して手に伝わる抵抗を感じ「なんかカタイ」と言ったり、混ぜることで起こる水の動きを見て「ビチャビチャって言ってる」「海みたい」と言ったりしていました。

水

また、筆に水をつけて絵をかきました。「先生見て!かけたよ!」「水でお絵かきできるって知らなかった」と発見の連続でした。「水」との出会いを、時間をかけて楽しんでいけたらなと思っています。

水

6月1日~8日 どろんこ遊びや水遊び、たのしいな♪
砂や泥がよく見えるようにと思い、白くて大きなパネルを用意しておきました。早速、砂や泥をこすりつけて茶色くなる様子をおもしろがったり、投げた時の「バーン、パラパラパラ」という音を楽しんだりしています。また、そこに水をかけると砂や泥が一気に流れ落ちます。砂や泥の感触だけでなく、”動き”を視覚的に楽しんでいる子ども達です。

また、暑くなってきたので水もたっぷり用意しました。子ども達にとって、水そのものが十分おもしろく、カップに移し替えたりジュースをつくったり、自分の手足に水をかけたりして遊ぶ姿が見られます。霧のような水を上からかけてもらうのも楽しいようで、「先生、雨してー!」とリクエストがとまりません。これからも、水の感触や気持ち良さ、おもしろさをたくさん味わえるようにしていきたいと思います。

どろあそび どろあそび

どろあそび どろあそび

どろあそび どろあそび

 どろあそび どろあそび

 どろあそび どろあそび

5月30日 ひも通しをしたよ
指先を使った活動を取り入れようと、ストローや小さなカラー段ボール、アルミホイルの玉などを、ひもに通して飾りをつくりました。目でじっくり見て、左右の手をうまく動かしながら通すのはちょっぴり難しいですが、「黄色のストローがいい」「私はピンクの飾りをいっぱいにする」と、好きな素材を選びながら一生懸命ひもに通していました。

ひも通し ひも通し

ひも通し ひも通し

5月27日 クレパスで絵をかいたよ
前回よりも少し大きな紙に好きな絵をかきました。「ぐるぐるのカタツムリ」「オバケだよ」「赤が好き」などと言いながら、思い思いにクレパスを動かして、かくことを楽しみました。

クレパス クレパス

できあがった絵と、一昨日の飴玉の製作を保育室に飾りました。とってもかわいいですね♪

壁面 壁面

5月25日 のりを使ったよ
初めてのりを使って製作をしました。道具箱に大切にしまっていた自分ののりを大事そうに持ち、蓋をあけてそうっと触ってみると「冷たい」「プニプニしてる」と、思わずにっこり。飴玉に見立てた丸い形の小さな折り紙を見て「わぁ!イチゴ味だ!」「ミカンの味ある?」と目をキラキラさせていました。「のりをとったら、くるくるくる(と塗って)、ぺったん(貼る)ってするよ」という保育者の話を一生懸命に聞き、「ママが好きなブドウ味にしよう」「いっぱいしよう」「くるくるくる」などと言いながら、ビンの中に、大小の飴玉をいっぱい詰めていました。

のり のり

 

5月18〜19日 遠足ごっこをしたよ
4.5歳児の遠足の日、3歳児のみんなも、リュックサックに水筒を入れ、こども園の園庭や小学校の校庭を散歩しました。園内の栽培物を見たり、小学校の大きな鉄棒のトンネルをくぐったりしました。「ここ、お家に帰るときに通るところだ!」「お兄ちゃんが学校にいてるよ」と嬉しそうに話しなら歩いていました。

遠足ごっこ 遠足ごっこ

遠足ごっこ 遠足ごっこ
園舎の裏にある畑で、玉ねぎを見たあとにおやつタイムです。外で食べるとおいしいね♪
遠足ごっこ 遠足ごっこ
おやつのあとは、花をつんだりダンゴムシやアリを探したりして遊びました。
遠足ごっこ 遠足ごっこ

遠足ごっこ
保育室に戻ると「楽しかった」「おやつおいしかった」「ダンゴムシがいてたよ」「いっぱい歩いたね」と話していた子どもたちでした。
その日の午後、保育室で遊んだときに・・・
ままごとコーナーでつくったごちそうを弁当箱や皿にいれて、少し離れたところに持って行って食べる子どもたち。遠足ごっこのようです。子どもたちの様子をみて保育者が「明日、ピクニックシートを持ってくるね」と約束し、翌日の遊びでシートを用意すると・・・
遠足ごっこ 遠足ごっこ
「ピクニックみたい」「おにぎり食べよう」「遠足でぇす」などと言いながら、おにぎりやピザをシートの上でおいしそうに食べる姿がありました。
みんなで経験したことをすぐに遊びの中に取り入れている子どもたちが素敵だなと思いました。
また、“先生や友達と一緒に遠足ごっこをした”という経験が、園生活に少しずつ慣れてきた今の時期だからこそ、子どもたちにとって園生活をさらに魅力的にする楽しい経験になってくれたことを嬉しく思いました。

5月17日 ミニヒマワリの種を植えたよ
自分の植木鉢にヒマワリの種を植えました。小さな種を大事そうに土の中に入れ、優しく土をかぶせました。「ヒマワリさんのご飯は水なんだよ」と話をすると、一生懸命水やりもしていました。「大きくなあれ」と魔法をかけて「明日咲くかな?」「ぼくより大きくなったらどうする?」と嬉しそうに話していました。芽が出るのが楽しみですね。

ひまわり ひまわり

ひまわり ひまわり

5月17日 砂・水・泥で遊ぶの楽しいな

砂場で遊ぶことが大好きで、砂の感触を味わっていた子どもたちですが、そこに水を加えるとドロドロになってますます楽しさが増すようです。泥を混ぜてカレーをつくったり、大きなスコップで穴を掘ったりしています。また、水そのものをカップに移し替えたり、地面に水をバシャ―っとかけて泥水にかわる様子も、子どもたちにとって楽しい遊び方です。

砂 すな

すな すな

すな

 

5月16日 ビューンってすべるよ
今日は大好きなウレタン積み木をつかって、電車や車の道をつくりました。はじめは薄くて長いウレタン積み木を斜めにたてかけて電車を走らせていましたが、すぐにウレタン積み木が曲がってしまい、思うように滑らせることができません。そこで先日ダンボールでつくった電車の道を、保育者と一緒にウレタン積み木に乗せてみました。ダンボールの道の上を滑らせると、車や電車がビューンと走ります。「先生、いくよー」「やったぁ!速い!」と大喜びでした。

坂道 坂道

坂道


5月16日 砂場大好き
砂場では、アイス、カレー、シチュー、ケーキなど、色々なごちそうをつくって遊んでいます。「アイス食べて」「カレー熱いですよー」などと言いながら、保育者にごちそうを振る舞ってくれる子どもたちです。
片付けも上手になってきました。「お皿はお皿のおうち」「コップはコップのおうち」と言いながら、保育者と一緒に片付けも頑張っています。一緒にしながら、場をきれいにしたり片付けたりすることも知らせていきたいと思います。

砂場 砂場

砂場 砂場


5月13日 ポンポン持って
大好きな「アンパンマンたいそう」です。ポンポン持って、ジャンプしたりキラキラしたり、保育者や友達と同じものを持つことも、一緒に踊ることも楽しい様子です。

ポンポン ポンポン

 

5月11日 線路ができたよ
 プラレールを長くつなげて遊ぶことが大好きな子どもたち。プラレールの線路だけでは足りなくなってきたので、今日は段ボールの上に線路をつくりました。「青い線路にしよう」「赤の道がいい」「ピンクもしたい!」など、リクエストしたビニールテープを保育者に切ってもらい、ペタペタ貼ることを楽しんでいましました。自分たちがつくった線路の上を、嬉しそうに何度も繰り返し電車を走らせていました。子どもたちの興味を探りながら、遊びをより楽しめるようにしていきたいと思います。

電車 電車


5月9日 砂って気持ちいいな
 戸外で遊ぶと、保育室前の砂場に自然と子どもたちが集まって来ます。手で触って「ふわふわ」「サラサラ」と喜んだり、足でギュッギュと踏んで「カチカチになった」と、砂の感触を全身で楽しんでいます。初めは、大きなスコップやバケツて机の上に砂を乗せて、小さな山をつくったり、手でギュッギュッとかためたりしていましたが、今日は乗せる砂が少なかったので、砂を触ると、偶然そこに線ができました。絵がかけることを発見した子どもたちは、それが楽しくて、「ぐるぐるかけた」「電車の線路みたいになった」と言いながら、何度も繰り返して砂のお絵かきを楽しんでいました。

砂場 


5月6日 はじめての給食
 連休前に「次にこども園に来たときは、みんなで一緒にお昼ごはんを食べようね。カレーだよ」と保育者から聞き、楽しみにしていた給食の時間です。朝、登園した時から嬉しそうにお箸セットを見せてワクワクのみかん組さん。いよいよ給食の時間。コップやランチョンマット、お箸セットなどを自分たちで用意して「いただきます!」をしたあと、口いっぱいにカレーを頬張っていました。感染防止対策で、パーテーションを置いて黙食での給食の時間ですが、おいしくて笑顔がこぼれていました。食べることには個人差がありますが、一人一人に合わせた援助をしながら、食べることが楽しい!おいしい!と感じられるようにしていきたいと思っています。たくさん食べて、元気に大きくなってね。

給食 給食


4月21日 こいのぼりをつくったよ
 好きな色のこいのぼりを選んで、シールをペタペタ貼りました。好きな色を貼る子、たくさん貼りたい子、並べて貼りたい子、自分の好きな楽しみ方で、かわいいこいのぼりをつくりました。

こいのぼりづくり こいのぼりづくり

こいのぼりづくり   こいのぼりづくり

こいのぼりづくり

 

4月19日 園内探検をしたよ
 「こども園にはどんなお部屋があるのかな?」と、友達と手をつないでさぁ出発!1階、職員室、2階と順番に探検です。「ここは〇〇組さんの部屋だよ。」「〇〇組さんは、お兄ちゃんお姉ちゃんの部屋だよ」と伝えると、興味津々で保育室を見渡し「おもちゃが違うね!」「難しそうな絵本がある」「絵が上手」と、子どもたちなりに気づいたことを保育者に伝える姿がありました。給食室の前に来ると調理員さんが顔を出し「おいしい給食をつくるから、たくさん食べてね」と話をしてくれました。嬉しい気持ちでふと近くを見ると、見覚えのある景色。園内を一周して、みかん組の部屋に戻って来ました。「楽しかった」「おもしろかった」「また行きたい」と言っていて、こども園って楽しい部屋がたくさんあるんだなと感じてくれた子どもたちです。

園内探検 園内探検

園内探検 園内探検

園内探検
            

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)