ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

就学援助制度

2020年5月10日更新 印刷ページ表示

奈良市では、経済的にお困りの小・中学生の保護者の方を対象に、お子様の楽しい学校生活に必要な学校給食費・学用品費・修学旅行費など学校で必要なお金の一部を援助する制度を実施しています。支給には審査があり、援助を希望される方は申請手続きが必要です。

申請期間

当初受付:令和2年5月18日(月曜日)~7月15日(水曜日)
※昨年度(令和元年度)に援助を受けていた方、令和元年11、12月に新入学準備金申請をした方も、改めて申請が必要です。
※7月15日以降も随時申請を受け付けます。ただし、認定開始時期が申請月以降となり援助額が減額となります。毎月15日までの申請は当月分から、16日以降は翌月分からの認定となります。(土日祝日の場合はその前の平日)
※最終受付期限:令和3年3月15日(月曜日)※今年度は7月15日までの申請は4月からの認定となります。

必要なもの

○令和2年度 就学援助費受給申請書(※記入例をご確認のうえ記入してください。)

【令和2年1月1日現在、奈良市外にお住まいだった方・単身赴任中の方など】
○令和2年度課税証明書 (※令和2年1月1日現在奈良市在住の場合は添付不要)
※令和2年1月1日現在の住民登録地の市町村で発行されるもの。
※証明書の提出は後日でもかまいません。申請書を先に申請期間中に提出してください。

申請受付窓口

コロナウィルス感染症対策のため、原則、郵送のみの申請となります。郵送が困難な方は奈良市教育総務課までご連絡下さい。 ※連絡所での申請はできません。

就学援助の対象となる方

令和2年度市民税所得割額(令和元年中の収入に対する課税額)について、生計を同じくする家族の合計が下記の表以下の方
※所得の有無に関わらず、必ず令和2年度市・県民税の申告を済ませてください。未申告の方は認定できません。

令和2年度市民税所得割上限額
(単位:円)

16歳以上19歳未満の扶養親族の数
(平成13年1月2日~平成16年1月1日生まれ)

0人 1人 2人 3人 4人

16歳未満の扶養親族の数
(平成16年1月2日~
      令和2年1月1日生まれ)

0人 0 11,100円 22,200円 33,300円 44,400円
1人 31,300円 42,400円 53,500円 64,600円 75,700円
2人 52,600円 63,700円 74,800円 85,900円 97,000円
3人 73,900円 85,000円 96,100円 107,200円 118,300円
4人 95,200円 106,300円 117,400円 128,500円 139,600円

16歳未満の扶養親族・・・5人目以降1人増えるごとに21,300円を加算
16歳以上19歳未満の扶養親族・・・5人目以降1人増えるごとに11,100円を加算
※扶養親族の年齢・人数は令和元年12月31日現在
※租税特別措置法による住宅借入金等特別控除・寄付金控除等がある場合は控除適用前の額

《表の見方と世帯収入の目安》
※収入額は目安であり、世帯の構成や年齢などにより異なります。
父(会社員)・母(無職)・子(中学生)・子(小学生)の4人世帯の場合
(16歳未満の扶養:2人、16歳以上19歳未満の扶養:0人)
表より市民税所得割上限額:52,600円 年間総収入額(給与収入):340万円程度

《課税額確認方法》
6月半ばまでに勤務先や市民税課から配布される、〔市・県民税特別徴収税額の決定通知書〕や〔市民税・県民税納税通知書〕などで確認してください。

  • 離婚・死別でなく婚姻によらずにひとり親となった方で、(税法上の寡婦(夫)控除が適用されないために)市民税所得割額が認定基準を上回るとき、寡婦(夫)控除のみなし適用によって認定となる場合があります。教育総務課までご相談ください。
  • 離婚・死別・解雇による失業・病気療養などにより前年に比べて収入が激減し、現在お困りの場合、市民税所得割額が認定基準を上回るときも状況を示す証明書類の提出により審査し認定となる場合があります。状況に応じて提出をお願いする書類が異なりますので、教育総務課までご相談ください。年度の途中で状況が変わりお困りの場合も随時申請が可能です。
  • 生活保護(教育扶助)受給中の方は、必要な費用が保護費から支給されているため申請の必要はありません。下記《援助の内容》の表のうち修学旅行費のみ支給対象となります。修学旅行実施後、学校から必要書類を配布し口座等確認のうえ支給します。学校より連絡しますので、保護者様が直接申請する必要ありません。

※生活保護が停止または廃止され、就学援助の受給を希望される場合は、申請が必要です。

援助の内容

以下の費用について、申請書に記載された銀行口座に次の時期に振り込みます。(支給金額については現時点での額を記載しています。)

 

1学期分
(4~7月分)

2学期分
(8~12月分)

3学期分
(1~3月分)

支給時期
(支給時期は予定であり、変更になる場合があります。)

学用品費 小1 4,400円 5,500円 3,330円

1学期分:9月末

2学期分:1月末

3学期分:4月下旬

小2~6 5,160円 6,450円 3,890円
中1 8,320円 10,400円 6,320円
中2~3 9,080円 11,350円 6,880円
新入学学用品費

小1:  51,060円 中1: 60,000円
4月を認定月に含む1年生のみ対象
※既に同様の費目である新入学準備金の支給を受けた方は対象外です。

9月末
学校給食費

一食単価(小:246円 中:300円)×給食日数
食物アレルギー等により学校給食を部分的に受けていない場合は減額して支給

4~6月分:9月末
(未納があれば差引いた差額を振込みます)
7月分~:給食費の引き落しを停止

校外活動費

(宿泊あり)

小:3,690円 中:6,210円
対象経費について上記の額を上限に支給。年2回以上有る場合は、より高額な1回分のみ

春実施分:9月末

秋実施分:12月下旬

冬実施分:4月下旬

修学旅行費

小:21,890円 中:60,910円
対象経費について上記の額を上限に支給

医療費

以下の病気の治療に要した自己負担額

トラコーマ・結膜炎・白せん・かいせん・膿かしん・中耳炎・慢性副鼻腔炎・アデノイド・う歯(虫歯)・寄生虫病

※子ども医療費助成など他の医療費助成制度で支給していない場合のみ支給対象です。

随時振込

※4月上旬より医療費支給のための請求書を配布します

新入学準備金

小6: 60,000円
3月を認定月に含む6年生のみ対象
※支給を受けた場合は、来年度就学援助新入学学用品費は支給対象外となります

3月中旬

給食費(※認定が確定するまで4~6月分の給食費は引き落とされます)

認定が確定するまでの4~6月分は各月の翌月末に口座より引き落とされますが、認定後に指定口座へ振り込み予定です。認定確定後の7月分より保護者様への給食費の請求はありません。(各学期終了後、就学援助費から直接学校給食会計へ一括振込となります)
※未納がある場合は差引いた差額を振り込みます。※7月以降に申請された場合は、口座引き落とし停止時期が異なることがあります。

 完全給食を実施している国公私立学校に在籍の場合、一旦給食費を納めていただき、後日、奈良市立学校支給上限額を上限に保護者様の口座へ支給します。(1学期分:9月末 2学期分:1月末 3学期分:4月下旬)

医療費

就学援助認定となった児童・生徒が令和2年度中(令和2年4月1日~令和3年3月31日)の認定月以降に治療を受け、次の条件を満たすときは、保護者が負担した医療費(保険適用分)を援助します。

援助の条件

(1)以下の病気の治療(保険適用分)であること

学校保険安全法施行令第8条に規定された次に掲げる病気の治療(保険適用分)であること。

  • う歯(虫歯)
  • トラコーマ及び結膜炎
  • 白癬(水虫・たむしなど)、疥癬(ダニによる皮膚病)及び膿痂疹(細菌による皮膚病)
  • 中耳炎
  • 慢性副鼻腔炎(ちくのう症)及びアデノイド(アレルギー性副鼻腔炎、急性副鼻腔炎は対象外)
  • 寄生虫病(虫卵保有を含む))

(2)他の医療費助成で未支給であること

子ども医療費助成、ひとり親家庭等医療費助成などの受給資格をお持ちの場合も対象となりますが、既にそれらの助成で支給済であった場合は支給できません。医療費請求書を提示のうえ、就学援助での支給を希望することをお伝えください。

(3)治療月の翌月末日までに「令和2年度要・準要保護児童生徒医療費請求書」を提出すること

ただし、4月が治療月の場合は令和2年7月15日(水曜日)(就学援助当初期限)、3月が治療月の場合は令和3年4月10日(金曜日)が提出期限です。翌月末日を過ぎても支給できる場合があります。ご相談ください。

援助の流れ

(1)医療費請求書の受取↠(2)受診・請求書記入(※医療費保護者負担)↠(3)医療費請求書の提出↠(4)医療費の支給

  • 治療予定の方は市立学校または教育総務課へ申し出て、「令和2年度要・準要保護児童生徒医療費請求書」を受け取ってください。(HPよりダウンロードも可能)※請求書は4月より配布しますが、支給は就学援助認定後です。
  • 請求書は、1枚につき1疾病、1医療機関、1ヶ月分です。
  • 受診時に医療費支払いのうえ医療費請求書に証明をもらってください。
  • 治療月の翌月末日までに、在籍する市立学校または教育総務課へ医療費請求書を提出してください。※私国立学校在籍:教育総務課へ直接提出してください。
  • 就学援助認定後、随時就学援助申請書に記入された指定口座に振り込みます。

医療費請求書の最終提出期限は令和3年4月10日(金曜日)です。ご注意ください。

認定結果の通知

7月15日までの申請 8月末(予定)に郵送にて結果をお知らせいたします。

7月16日以降の申請 8月末以降、申請から1~2ヶ月程度で郵送にて結果をお知らせします。

※税の申告をしていない場合や、書類不足等の不備がある場合は、結果の通知が遅れます。予めご了承ください。

こんなときは必ず届け出てください

就学援助申請後、世帯の状況に変更があった場合は、必ず教育総務課まで連絡の上、届け出てください。

  • 住所を変更したとき
  • 振込口座に変更があったとき
  • 就職や婚姻等により申請内容や世帯構成に変更があったとき
  • 生活保護の受給を開始したとき
  • その他就学援助を辞退するとき

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)