ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

R6年7月の様子

2024年7月1日更新 印刷ページ表示

7月12日(金曜日)5歳児 カイコの卵を残したい

カイコの世話をしながら何度も話し合う中で「成虫になるところを見たい」「まゆで製作したい」「成虫になった後のまゆも使えると思う」など、いろいろな思いや考えを出し合っていました。
今週の月曜日、羽化している成虫を数匹見つけると「かわいい」「思ってたより小さい」「耳に近づけると羽の音がブーンっていう」と、成虫になった事を喜び、じっくりと見たり優しく触ったりして大切に関わっています。

カイコの成虫 成虫

カイコ

火曜日には卵も見つけました。「カイコが卵産んでる!」「小さいね」「たくさんある」と不思議そうに見つめる子ども達。卵をどうするかを話し合うと「次の5歳さんが育てられるように残しておきたい」という思いが出てきました。そこで、残しておけるように卵をそーっと取り、容器に入れておくことにしました。

卵を たまご

卵を残そう

約1か月半、世話をして育ててきたカイコは子ども達にとって、かわいくて大切というだけでなく「命って何だろう」と考えさせてくれる存在でもありました。残ったまゆをどうするかや成虫の命について、これからも話し合っていきたいと思います。

7月12日(金曜日)3歳児 カプラで遊んだよ

給食後にカプラでゆったりと遊びました。「高くしよう」と倒れないように向きを揃えて積み上げたり、「2階建てのお家なの」「見て、電車みたいだよ」と身近なものに見立てて遊んだりする姿がありました。カプラを横に並べていくと「長くなった!」と喜び、「もっと長くしよう」「線路まで繋げよう」と、友達がつくった線路までつながるかな?とドンドン伸ばしていきました。自分のしたいことを楽しみながら、近くにいる友達の存在を感じ始めています。友達と同じものを使って遊ぶ楽しさや、保育者や友達と同じ場で遊ぶ面白さを感じられるように、声を掛けていきたいと思います。

カプラ1 カプラ2

カプラ3 カプラ4

7月11日(木曜日)4歳児 プール遊びの絵をかきました

たんぽぽ組は水の動きを絵具でとばし、さくら組は水の様子を絵の具で混色して、プール遊びで楽しんだ様子を絵画で表現しました。「ボールをたくさん集めたところをかこうかな」「ワニ歩きしたところをかこうかな」と、プール遊びの様子を思い出してかきはじめました。

ボールをたくさんとったよ 絵の具をとばしたよ

「泳いでるから手を伸ばしてかいたよ」と、体のパーツを意識してかく姿も見られるようになってきました。色を塗りこめるようにもなってきています。体や腕の動きなどを意識できるような言葉掛けをこれからもしていきたいと思います。

水が飛んでいるよ 友達もかいたよ

7月10日(水曜日) 3歳児 水いっぱい気持ちいいね

たくさんの水を使って、自分のしたいことを存分に楽しむ姿が増えてきました。衝立に透明シートをつけると、ジョウロで水を運び、かけることを楽しんでいました。シートに水が溜まることに気づいて「水がいっぱいだよ」と、傍にいた保育者に嬉しそうに伝える姿が見られました。傾斜で水が道のよう流れていき、反対側がら落ちると、思わず持っていたジョウロや洗面器で受け止めています。

透明シート1 透明シート2

透明シート3 透明シート4

安心できる存在の保育者が傍にいることで、自分のしたいことを存分に楽しむ姿が見られます。「わぁ!面白い!」「なんでだろう」と心を動かしながら、水をたくさん使った遊びを楽しんでほしいと思います。

7月9日(火曜日) 4歳児 アサガオが咲いたよ!

小さな種から育ててきた、アサガオがついに咲きはじめました。「花が咲いてる!」ときれいに咲いた花を見つけて喜ぶ子ども達。「ぼくのはまだ咲いてないな」「つぼみがある!」と水やりをしながら自分や友達のアサガオを見ています。また、花だけではなく、葉っぱやつるの様子を見て、「つる長いね」「私より長い!」と気付いたことを話しています。

花 アサガオ

水やり

アサガオ以外にも、スイカやカボチャなどの夏野菜や、ホウセンカやヒマワリも種から育てています。水やりをする度に「大きくなってきた」「スイカができてる!」と生長を喜んだり楽しみに感じたりしています。

わた とうもろこし

 

 

7月3日(水曜日)4歳児 水が流れるかな

トイを砂場に立て、水と砂を流していた子ども達。「あれ?流れにくくなったよ」と、トイの中を確認すると「砂が詰まってるよ」「置き方を変えよう」と、用具の組み合わせ方を変えました。

砂も入れてみよう もっと水入れよう

ジョウゴに水を入れると「グルグル回りながら流れるようになったよ」「置き方を変えたら砂が詰まらなくなったよ」と、繰り返し遊んでいました。「下から水が漏れてる」と、トイの下から水が出てきていることに気付くと、「どうしよう」と考え始めました。考えている友達の言葉を聞いて水が出てきているところを砂で押さえはじめました。水の漏れる量が減ってくると「それいいな」と友達の考えに頷きながら何度も流して遊んでいました。友達の考えを受け入れて遊ぼうとする姿を大切にしていきたいと思います。

砂も流れやすくなったよ 下から漏れてるよ

7月2日(火曜日)4歳児 笹飾りをつくりました

地域の方と一緒に七夕の笹飾りをつくりました。丸や四角に欠かれた線に沿って切っていくと「ヘビみたい」「グルグルがビヨンビヨンになった」と、紙を切ることで変化する様子を楽しんでいました。「手を添えて持つと切りやすいよ」などと地域の方に声を掛けていただき関わりながらつくっていました。

紙に手を添えてみよう こよりをつけよう

できるかな

笹飾りができると大きな笹にみんなで飾りました。「どこにつけようかな」「どうやってつけるの?」と言いながら、地域の方に手を添えていただき一緒に飾ることを楽しんでいました。

みんなで飾ったよ どこにつけよう

つけられるかな

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


子育て支援のとりくみ
学校評価等
子育て支援のとりくみ
地域で決める学校予算事業
行事予定・園の様子