ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

胃がん内視鏡検診

更新日:2020年11月1日更新 印刷ページ表示

 

令和2年度 胃がん内視鏡検診

対象

令和3年3月31日現在で、50~70歳の偶数年齢の人

対象者には受診票を送付します。

ただし下記のいずれかに該当する方は、検診の対象外となります。

  • 妊娠している、または妊娠の疑いがある。
  • 消化性潰瘍などの胃疾患で受療中(ピロリ菌除菌中を含む)である。
  • 胃全摘術後等、医師の管理が優先される。
  • 咽頭、鼻腔などに重篤な疾患があり、内視鏡の挿入ができない。
  • 呼吸不全のある。
  • 急性心筋梗塞や重篤な不整脈などの心疾患のある。
  • 抗血栓薬、抗凝固薬を服用している。
  • 明らかな出血傾向またはその疑いのある。
  • 収縮期血圧が極めて高い。
  • 全身状態が悪く、胃内視鏡検査に耐えられないと判断される。
  • 胃内視鏡検診に関する説明の後、検査の実施に同意が得られない。

内容

問診、胃内視鏡検査(鎮痛薬、鎮静薬は使用しません。)

受診場所

 胃がん内視鏡検診実施医療機関 [PDFファイル/133KB](受診票に同封の医療機関一覧表に記載しています)
※受診票送付後に、実施医療機関が追加・削除されることがあります。変更のあった実施医療機関は、ならしみんだより等で随時ご案内します。

<ご注意>新型コロナウィルス感染症の感染を防ぐため、検診の実施期間中であっても、医療機関により検診を見合わせている場合があります。事前に医療機関にお問合せくださいますようお願いします。

また、受診時に発熱等の風邪症状(咳・のどの痛み・下痢・嘔吐・体のだるさ等)が見られる場合は、検診を見合わせていただきますようお願いします。

受診方法

実施医療機関にご予約の上、受診票を持参し、受診してください。

受診期間

令和2年7月から令和3年2月末日まで

費用

4,000円
生活保護世帯・市区町村民税非課税世帯(世帯員全員が非課税):無料

該当される方で受診票に「受診料無料」と印字されていない方は受診票に同封の『がん検診等受診料免除申請書 [PDFファイル/1.37MB]』を健康増進課へ送付、又は健康増進課窓口まで持参してください。

インターネットでも申請できます!(インターネット受付は電子申請をご利用ください<外部リンク>

※無料の受診票送付に10日ほど日数を要しますので、お早めに申請をお願いします。
※50歳・60歳の方は胃がん内視鏡検診と肺がん低線量CT検診を同一年度内に両方受診されると肺がん低線量CT検診の受診料を1,000円減額します。

窓口

健康増進課
奈良市保健所・教育総合センター(はぐくみセンター)3階 
(630-8122 奈良市三条本町13番1号 Tel:0742-34-5129)

紛失等で受診票の再発行が必要な方は、必ず受診前に健康増進課へお電話又は窓口までお越しください。

オープンデータ利用条件

オープンデータ

関連情報

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)