ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

胃がんリスク検診について

更新日:2020年3月1日更新 印刷ページ表示

令和元年度の胃がんリスク検診(ABC検診)は終了しました。
令和2年度の胃がんリスク検診(ABC検診)については、詳細が決まり次第ご案内します。


令和元年度  胃がんリスク検診(ABC検診)

胃がんリスク検診(ABC検診)は、血液検査で、胃がんの危険因子であるヘリコバクター・ピロリ菌感染の有無と、胃の委縮度を調べる検診です。胃がんになりやすいかどうかを調べる検査で、胃がんかどうかを診断する検診(胃がん検診)ではありません。

対象者

 令和2年3月31日現在で、40・45・50歳の市民

生年月日

年齢

昭和54年4月1日~昭和55年3月31日生

昭和49年4月1日~昭和50年3月31日生

昭和44年4月1日~昭和45年3月31日生

40歳

45歳

50歳

次のいずれかに該当する方は、検査結果が正確に判定できないため、検診の対象外となります。

  1. 食道、胃、十二指腸の疾患で治療中。
  2. 胃酸分泌抑制剤の中で、プロトンポンプ阻害剤を服用中もしくは2か月以内に服用していた。
  3. 胃切除後。
  4. 腎機能が低下している(目安として血清クレアチニン値が3mg/dl以上)。
  5. ピロリ菌の除菌治療をしたことがある。

受診方法

  1. 奈良市保健所・教育総合センター(はぐくみセンター)3階健康増進課に来所・電話・Fax(氏名・生年月日・住所・電話番号を記入)でお申し込みください。
  2. 該当者には「胃がんリスク検診票」を送付します。
  3. 事前に市内実施医療機関へ電話予約し、交付された「胃がんリスク検診票」を持って受診してください。

実施期間

令和元年7月~令和2年2月末日

受診場所

胃がんリスク検診実施医療機関(受診票に同封の医療機関一覧表に記載しています)

費用

受診医療機関によって異なります。医療機関にお問い合わせください。

所定の登録手続きをされた方に、受診にかかった費用の内、3,000ポイントを上限に奈良市ポイントを付与します。
(受診時に支払った費用の領収書は、ポイント付与に必要ですので捨てずに保管ください。ポイント付与の申請期限は令和2年3月31日まで。)

※奈良市ポイントについては、奈良市ポイント制度をご覧ください。

内容

  1. 問診
  2. 採血(血清ヘリコバクター・ピロリ抗体価検査、血清ペプシノゲン値検査)
    ピロリ菌感染の有無及び、胃粘膜の萎縮度を判定するペプシノゲン値を測定します。
     注)いずれか一方のみを受診することは出来ません。
  3. 結果説明および事後指導

窓口

健康増進課
奈良市保健所・教育総合センター(はぐくみセンター)3階
(630-8122 奈良市三条本町13番1号 Tel:0742-34-5129)

 

オープンデータ利用条件

オープンデータ

ダウンロード

胃がんリスク検診実施医療機関一覧

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)