ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 福祉・医療・保健・健康 > 禁煙・受動喫煙防止 > お知らせ・啓発イベント > 令和2年度世界禁煙デー・禁煙週間啓発イベントは新型コロナウイルス(COVID-19)感染防止のため実施を見合わせます。

本文

令和2年度世界禁煙デー・禁煙週間啓発イベントは新型コロナウイルス(COVID-19)感染防止のため実施を見合わせます。

更新日:2020年4月14日更新 印刷ページ表示

令和2年度世界禁煙デー・禁煙週間啓発イベントは新型コロナウイルス(COVID-19)感染防止のため実施を見合わせます。

世界禁煙デー(5月31日)とは、世界保健機関(WHO)が制定した禁煙を推進するための記念日。
以後1週間が禁煙週間です。

2020年のスローガンは「2020年、受動喫煙のない社会を目指して~たばこの煙から子ども達をまもろう~」


【お知らせ】
例年、駅前等で実施していた、5/31世界禁煙デー・禁煙週間啓発イベントですが、新型コロナウイルス(COVID-19)感染防止のため、今年度分の実施は見合わせることとなりました。

喫煙や受動喫煙は呼吸器に悪影響を及ぼします。また、免疫力も低下するといわれています。
喫煙者の方は、自分や家族のために、禁煙しましょう。

https://www.city.nara.lg.jp/life/4/33/230/ (奈良市ホームページ/禁煙を希望される方へ)

禁煙すると、こんな良い変化が…
〇1分禁煙すると…タバコのダメージから回復しようとする機能が働きはじめる。
〇20分で…血圧は正常近くまで下降する。脈拍も正常付近に復帰する。手の体温が正常まで上昇する。
〇8時間で…血中の一酸化炭素レベルが正常域に戻り、血中酸素分圧が正常になって運動能力が改善する。
〇24時間で…心臓発作の確立が下がる。
〇48時間で…臭いと味の感覚が復活し始める。
〇48~72時間で…ニコチンが体から完全に抜ける。
〇72時間で…気管支の収縮がとれ、呼吸が楽になる。肺活量が増加し始める。
〇2週~3週間で…体の循環が改善する。歩行が楽になる。肺活量は30%回復する。
〇1~9か月で…せき、静脈鬱血(うっけつ)、全身倦怠(けんたい)、呼吸促拍が改善する。
〇5年で…肺がんになる確率が半分に減る。
〇10年で…肺がん状態の細胞が修復される。口腔がん、咽頭がん、食道がん、膀胱がん、腎がん、すい臓がんになる確率が減少する。
出典:日本禁煙科学会 禁煙日記より

 

禁煙方法などについて、お気軽にご相談ください。あなたに合った禁煙方法を一緒に考えます。
ソース画像を表示

令和2年度 世界禁煙デー特設WEBコンテンツ(スマート・ライフ・プロジェクト

スマート・ライフ・プロジェクトが世界禁煙デー特設WEBコンテンツを公開しています。
下記より、ご覧ください。

https://www.smartlife.mhlw.go.jp/fctc<外部リンク>
世界禁煙デーのロゴ