ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 職員採用・人事行政 > 職員の処分等 > 環境清美センターにおける窃盗・業務上横領事件を受けての組織体制の強化等について

本文

環境清美センターにおける窃盗・業務上横領事件を受けての組織体制の強化等について

更新日:2016年9月30日更新 印刷ページ表示

 先日発生した本市環境清美センターにおけるアルミ製空き缶、廃棄自転車の窃盗、業務上横領事件について、奈良市議会9月定例会において、市長及び副市長の「市政に対する市民の信頼を失墜させた総括的な管理監督責任」として条例改正による減給処分に加え、9月29日付けで環境部及び環境清美工場の管理監督職員に対し管理監督責任として減給処分の発令を行いました。

 しかし、今後このような事案を二度と発生させないためには、環境部の抜本的な職場環境の刷新と適正な業務管理体制の早急な構築が必要であると考え、10月5日付けで年度途中としては異例の、大規模な人事異動により環境部の組織体制の見直しを下記のとおり行うこととしました。

平成28年9月30日
奈良市長 仲川 げん

組織体制の見直し、損害額の算定と賠償請求、処分の内容に関する資料はこちら[PDFファイル/193KB]

ダウンロード

関連資料[PDFファイル/193KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)