ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 保険・年金 > 国民年金 > 新型コロナウイルス感染症の影響による減収を事由とする国民年金保険料免除等について

本文

新型コロナウイルス感染症の影響による減収を事由とする国民年金保険料免除等について

更新日:2020年7月2日更新 印刷ページ表示

新型コロナウイルス感染症の影響による減収を事由とする国民年金保険料免除等について

令和2年5月から、新型コロナウイルス感染症の影響により国民年金保険料の納付が困難となった場合の臨時による特例免除申請の受付手続きが開始されました。

以下の2点をいずれも満たした方が対象となります。

(1)令和2年2月以降に、新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少したこと
(2)令和2年2月以降の所得等の状況から見て、当年中の所得の見込みが、現行の国民年金保険料の免除等に該当する水準
https://www.city.nara.lg.jp/soshiki/37/9261.htmlになることが見込まれること

令和2年2月分以降の国民年金保険料が対象となります。

 

1.臨時特例による免除・納付猶予の申請について

次のAとBの2つの書類が必要です。用紙をダウンロードして必要事項を記入していただき、国保年金課 国民年金係(〒630-8580 奈良市二条大路南一丁目1-1)へ郵送してください。Aの書類には必ず基礎年金番号を記入してください。

A.国民年金保険料免除・納付猶予申請書

https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/0430.files/01.pdf<外部リンク>

申請書10に記入する申請期間について

令和2年2月~令和2年6月の期間を申請するとき…「令和元年度」と記入してください。

令和2年7月~令和3年6月の期間を申請するとき…「令和2年度」と記入してください。

B.所得の申立書

令和元年度の申請書につける申立書 https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/0430.files/02.pdf<外部リンク>

令和2年度の申請書につける申立書 https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/0430.files/0202.pdf<外部リンク>

<注意事項>

(1) 所得の申立書は、臨時特例による免除の申請を希望する場合は、必ず提出してください。所得の申立書の書き方については以下のファイルを参考にしてください。

https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/0430.files/03.pdf<外部リンク>

(2) 離職による国民年金の加入および保険料免除申請については、次のページをご覧ください。https://www.city.nara.lg.jp/soshiki/37/66098.html

(3) 申請後、日本年金機構での審査におよそ2~3ヶ月かかります。審査期間中に納付の案内が送付されることがありますのでご了承願います。

(4) 提出書類についてお問い合わせや追加書類の提出をお願いする場合があります。また、不備等により訂正をお願いする場合に書類を一度お返しすることもありますので、ご了承願います。

(5) 国民年金保険料を口座振替、またはクレジットカードで納付している人で振替納付を辞退する場合は、奈良年金事務所 0742-35-1371 へ問い合わせてください。

2.臨時特例による学生納付特例

次のA、BおよびCの3つの書類が必要です。用紙をダウンロードして必要事項を記入していただき、国保年金課 国民年金係(〒630-8580 奈良市二条大路南一丁目1-1)へ郵送してください。Aの書類には必ず基礎年金番号を記入してください。

A.国民年金保険料学生納付特例申請書

https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/0430.files/05.pdf<外部リンク>

申請期間は令和元年度分として令和2年2月から令和2年3月まで、令和2年度分として令和2年4月から令和3年3月まで、それぞれ各年度ごとに1枚必要です。

B.所得の申立書

(令和2年2月から令和2年3月までの期間を申請するとき)https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/0430.files/08.pdf<外部リンク>

(令和2年4月から令和3年3月までの期間を申請するとき)https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/0430.files/07.pdf<外部リンク>

C.学生証のコピーまたは在学証明書の原本

<注意事項>

(1) 所得の申立書は、臨時特例による免除の申請を希望する場合は、必ず提出してください。所得の申立書の書き方については以下のファイルを参考にしてください。

https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/0430.files/06.pdf<外部リンク>

(2) 新型コロナウイルス感染症の影響により、学生証等の発行が遅延しているため、学生証等がお手元にない場合は、申請書の備考欄に「学生証発行遅延のため後日送付」と記入した上で申請書を提出してください。また、学生証等がお手元に届きましたら、学生証のコピーを速やかに提出してください。

(3) 申請後、日本年金機構での審査におよそ2~3ヶ月かかります。審査期間中に納付の案内が送付されることがありますのでご了承願います。

(4) 提出書類についてお問い合わせや追加書類の提出をお願いする場合があります。また、不備等により訂正をお願いする場合に書類を一度お返しすることもありますので、ご了承願います。

(5) 国民年金保険料を口座振替、またはクレジットカードで納付している人で振替納付を辞退する場合は、奈良年金事務所 0742-35-1371 へ問い合わせてください。

 

3.ねんきん加入者ダイヤルについて 

今回の臨時特例による免除・納付猶予申請、および学生納付特例申請に関するお問い合わせについては、日本年金機構が設置している「ねんきん加入者ダイヤル(国民年金加入者向け)」もご活用ください。

電話番号 0570ー003ー004(ナビダイヤル)(050で始まる番号からかける場合は 03-6630-2525)

受付時間 月~金曜日 午前8時30分~午後7時、第2土曜日 午前9時30分~午後4時(第二土曜日を除く土、日祝日と12月29日~1月3日はお休みです)

・ナビダイヤルの通話料金は一般の固定電話からの場合は、全国どこからでも市内通話料金で利用できますが、携帯電話からの場合は、通常の通話料金がかかります。

・お問い合わせのときは、基礎年金番号がわかる年金手帳、国民年金保険料納付書などをお手元にご用意ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)