ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 福祉・医療・保健・健康 > 生活保護・生活支援 > 生活保護 > 新型コロナウイルス感染症対応の救護施設職員への慰労金給付事業補助金について

本文

新型コロナウイルス感染症対応の救護施設職員への慰労金給付事業補助金について

更新日:2020年12月17日更新 印刷ページ表示

新型コロナウイルス感染症が拡大する中において、強い使命感を持って業務に従事する救護施設に勤務する職員を慰労することを目的として、慰労金給付事業補助金を交付します。

1 慰労金の給付対象者

 慰労金の給付対象となる職員は、次のいずれにも該当する方です。

  1. 奈良市内の救護施設において、令和2年1月28日から同年6月30日までの間に、通算して10日以上勤務された方。(ただし、年次有給休暇や育休等、実質勤務していない場合は、勤務日として参入しません。)
  2. 「利用者との接触を伴い」かつ「継続して提供することが必要な業務」に合致する状況下で働いている職員の方。(派遣労働者の他、業務受託者の労働者として当該施設において働く従事者についても同趣旨に合致する場合には対象に含まれます。)

2 給付金額

 慰労金の給付金額は、次のとおりです。

  • 新型コロナウイルス感染症が発生または濃厚接触者である利用者に対応した救護施設に勤務し、実際に新型コロナウイルス感染症患者または濃厚接触者が発生した日以降に当該施設で勤務された職員の方  20万円
  • それ以外の救護施設職員の方  5万円

 ※慰労金の給付は、医療機関や介護施設などへ勤務する方への慰労金も含め、1人につき1回に限ります。

3 慰労金の申請方法

 原則として、慰労金の申請は救護施設からになります。施設を通して給付を受けてください。

 退職等により、救護施設を通して慰労金の給付を受けることができない方は、個人で申請ができます。

 個人で申請される場合の提出書類

 ※氏名欄は、自署もしくは記名押印をしてください。

 ※勤務先記入欄は、勤務していた救護施設を運営する団体で証明を受けてください。

4 申請期限

 申請受付期限は令和3年3月31日です。

 奈良市福祉部保護課に提出してください。(郵送の場合は必着です。)

ダウンロード

 奈良市救護施設職員への慰労金給付事業補助金交付要領 [PDFファイル/379KB]

 個人用申請書 [PDFファイル/123KB] [Wordファイル/16KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)