ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

奈良市移動等円滑化推進補助金

更新日:2020年6月1日更新 印刷ページ表示

奈良市では、高齢者、障がい者等の移動又は施設の利用に係る身体の負担を軽減することにより、その移動上又は施設の利用上の利便性及び安全性を向上させるために、事業者や自治会等が講じる措置に係る費用を補助します。

募集期間:令和2年6月1日から令和3年1月29日まで

1補助対象者

  1. 市内に事業所を置き、商業その他の事業を行う者(行政機関を除く)
  2. 市内自治会その他これに類する団体

2補助対象経費

簡易スロープ購入に係る経費

※簡易スロープとは…段差解消のためのもので、取付けに際し工事を伴わないものを指します。

簡易スロープの画像

3補助金額

対象経費の2分の1(100円未満切り捨て。上限5万円)

4申請の流れ

  1. 相談・申請
    事業者や団体が実施したい内容を市に相談の上、申請する。
    提出書類
    補助金等交付申請書
    見積書
    仕様書やカタログ等の購入するスロープの内容がわかる資料
    市税納付状況調査兼暴力団などの排除に関する同意書(別記第1号様式)
    相手方登録申請書(過去に同申請書により支払いを受ける口座を登録されている方は不要)
  2. 利用決定・通知
    市が申請内容や添付書類を確認の上、決定して通知する。
  3. 購入
    事業者や団体が必要な物品の購入を実施する。
  4. 完了報告
    事業者や団体は購入が完了したら、市に報告する。
    提出書類
    補助事業等実績報告書
    領収書の写し
  5. 交付額の決定
    市が実施した内容を確認し、交付額を決定して通知する。
  6. 補助金の請求・交付
    事業者や団体は市に補助金の請求をして、交付を受ける。
    提出書類
    補助金等交付請求書
  7. 購入物を処分する時
    補助金の交付を受けた日から8年を経過する前に、購入物を処分しようとするときは、あらかじめ市の承認を得る。
    提出書類
    財産処分承認申請書(別記第2号様式)

5注意事項

  • 簡易スロープが用意されていることが利用者に分かるように、入口等に掲示を行いましょう。
  • 段差に応じた適切な長さの簡易スロープを購入しましょう。段差の6倍(傾斜角度10度)の長さが目安です。車椅子の車種や介助者の有無を考慮の上お選びください。

6関係書類

申請書類等は下記よりダウンロード可能です。

ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)