ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 斎苑管理課 > 新斎苑整備事業に係る損害賠償請求等履行請求事件について

本文

新斎苑整備事業に係る損害賠償請求等履行請求事件について

更新日:2021年3月4日更新 印刷ページ表示

新斎苑整備事業に係る損害賠償請求等履行請求事件について

平成30年5月24日付けで奈良市長を被告として提訴された平成30年(行ウ)第10号損害賠償請求等履行請求事件等は、奈良地方裁判所での一審判決においておいて本市の主張が一部認められなかったことから、令和2年7月29日付けで大阪高等裁判所に控訴いたしました。

控訴審では令和3年2月26日に判決の言い渡しがありましたが、判決内容において、一部本市の主張が認められませんでした。

この結果を受けて、あらためて本市の正当性を主張するため、上告の手続きを行います。

 
〇 大阪高裁判決に対する市の見解

   大阪高裁判決に対する市の見解 [PDFファイル/296KB]

〇 損害賠償請求等履行請求事件の論点に対する奈良市の見解

   損害賠償請求等履行請求事件の論点に対する奈良市の見解 [PDFファイル/645KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)