ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 奈良市ボランティアインフォーメーションセンター > NCN(奈良キャンサーネットワーク)若草の会 of 奈良市ボランティアインフォーメーションセンター

本文

NCN(奈良キャンサーネットワーク)若草の会 of 奈良市ボランティアインフォーメーションセンター

更新日:2019年11月7日更新 印刷ページ表示
団体名 NCN(奈良キャンサーネットワーク)若草の会
法人格 任意団体(法人格なし)
設立年月日 平成23年11月18日
代表者名 西垣 京子
活動目的 奈良県では2011年にがん対策推進計画が策定され、県内全ての拠点病院、支援病院で患者サロンが設置され、奈良県がんピアサポーターによる患者支援も始まった。各ピアサポーターはがんサロンなどでの支援活動をはじめ、県内外での研修に参加し、情報を発信している。県内既存の患者会も一部のがん種に限られ、全てのがん種を支援する団体が存在しなかったが、本会はピアサポーターやサロン参加者、がん相談員、患者団体などを組織化し、親睦、交流、情報交換を図ると共に、がん医療促進のため、行政、医療機関などと協力、連携を図るものである。
活動内容
  • 奈良県内のがん拠点病院・支援病院での患者サロンの進行役。会発足と同時に年1回の「県民交流大会」と年5回のがん哲学外来「大仏さんカフェ」開催
  • 会報「わかくさだより」年4回発行 冊子 がん体験談手記「珠のコトノハ」Vol.2発刊
  • 奈良県内のがん患者会、および個人の親睦、交流、情報交換、ならびに行政や医療機関との連携を図り、医療推進のため行政に意見を提示
団体PRまたは特記事項
  • 『患者・家族に寄り添うがん医療を考える』をコンセプトに奈良県医科大学付属病院を活動拠点とした全がん種の患者会であるが、遺族、医療関係者、支援者の方々もご入会いただいております
  • がん体験談と勉強会の「県民交流大会」では、患者・家族、医者、行政による講演会と意見交換会を開催
  • 年5回、奈良県北部・南部での開催「大仏さんカフェ」では、参加者の想いを語りみんなで「解消できる道」を一緒に探し「医療の隙間」を埋める活動で、医療関係者、社労士が参加
ホームページ NCN(奈良キャンサーネットワーク)若草の会<外部リンク>