ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 地域教育課 > 【くろかみやま自然塾】手作りイカダで真夏の大冒険!7月プログラム「トムソーヤの冒険」の様子について

本文

【くろかみやま自然塾】手作りイカダで真夏の大冒険!7月プログラム「トムソーヤの冒険」の様子について

更新日:2021年8月25日更新 印刷ページ表示

7月25日日曜日に黒髪山キャンプフィールドにて、くろかみやま自然塾7月プログラム「トムソーヤの冒険」を開催しました!今回はペットボトルでイカダを作り、池に浮かべて遊びました!

手作りイカダを作ろう!

まずはイカダ作りから!指導者からペットボトルで人が浮くしくみについて、“浮力”の簡単な説明がありました。まだ学校で学習していない内容のため、「小学1年生やから、そんなん分からんわ~」と素直な意見があがりつつも子ども達は真剣に聞いてくれました。

浮力の説明を聞く子ども達の画像

作業では二人一組になりペットボトルを紐でまとめて結びます。4本の束をイカダの土台に積み重ねてひとまとめにしたら手作りイカダの完成です。

ペットボトルをまとめている様子の画像 イカダの土台作りをしている様子の画像 完成したペットボトルのイカダの画像

イカダに乗って冒険に出発☆

お昼ご飯を食べた後は、平城児童センターにある池を目指して30分ほど歩きました。到着後はライフジャケットの大切さや着方を学び、実際に着用していきます。

ライフジャケットを着用している様子の画像

そしていよいよイカダ遊び!発泡スチロールでできたイカダに乗って、ロープを引っ張りながら子ども達だけで池を進んでいきます。みんなで協力して陸に帰ってきた後は「楽しかった!」との声があがりました。

発泡スチロールのイカダに乗って池を進む様子の画像

ちなみにみんなで作ったペットボトルのイカダですが、バランスがうまく取れず陸付近で少し乗ることしかできませんでした、、、残念です。ですが、アンバランスなイカダを楽しんでいる子ども達もいました!

ペットボトルのイカダに乗っている子ども達の画像

アイスを食べることを楽しみに、黒髪山キャンプフィールドへ歩いて帰りました。たくさん歩いて疲れた時に食べるアイスはとても美味しく、子ども達に笑顔があふれていました!

参加してくれた子ども達からの感想を紹介!

「歩くとき少し大変でした。でも、イカダを浮かべて乗ってみたらすごく楽しかったです。」「はじめてイカダに乗りました。」「友達が何人かできて楽しかったです。」等の声がありました。

暑い中でしたが水分と塩分をとりながら、楽しい大冒険となりました!

今後のお知らせ

くろかみやま自然塾は11月まで毎月1回開催しています。開催内容や申込方法など詳細につきましては、くろかみやま自然塾についてのページをご確認ください。